« あけましておめでとうございます | トップページ | 相生めぐり(2)相生湾を歩く »

2010年1月10日 (日)

相生めぐり(1)赤穂城下道を歩く

100109naba1
<相生大橋から相生市内>

新年早々、更新が遅くなりました。
初歩きに兵庫県の相生(あいおい)に行ってきました。


相生というと、「新幹線の通過駅にあったような」という人が多いのではないでしょうか。

なぜ相生かというと、
地図を見て、前々から興味をそそられていたのです。
6km以上も深く切れ込む相生湾、陸地化した島、旧街道、駅から離れた中心市街地、石川島播磨重工の企業城下町・・・いろんな意味で魅力的です。しかも情報が少ない、となれば行くしかありません。

相生市街地は山と湾に挟まれた小さな平地・埋立地に、いくつかの集落が分散しています。
駅前の陸(くが)、旧赤穂城下道の那波(なば)、企業城下町で中心市街地の旭(あさひ)、旧漁村の相生(あいおい)などです。(埋立により一体化が進みつつありますが)

100109naba2
山陽本線の相生駅から歩き始めました。
(冬の関西1デイパス(2900円)が使えたことに後で気づきました)

目の前にビジネスホテルがどーんとある、妙にすっきりした駅前広場です。巨大ないかりのモニュメントは造船の町をPRしているのでしょう。

100109naba3
再開発された駅前の道をまっすぐ進むと、道標のある分岐に出ます。右が西国街道、左が赤穂城下道(赤穂街道)に向かう分岐です。
ここからがスタート。私は赤穂城下道を歩いて行きます。

100109naba4
道は左へとカーブしていきます。
やはり旧街道は歩いて楽しい。車も滅多に通りませんしね。
ここで左手に気になる建物がありましたので脇道にそれます。
このあたりは栄町です。

100109naba5
金谷医院という名前です。いかにも昔の個人医院。
前面の通りはかつて相生駅と旭地区、相生地区を結ぶメインストリートでした。(古い空中写真から判断すると)

100109naba6
玄関はこんな雰囲気です。
使われてなさそうなのが残念です。

100109naba17
外壁のタイルはパターン入りなので、昭和10年代かなと思うのですが、どうなのでしょう。

100109naba7
お隣は元銭湯です。
残念ながら閉まっています。


100109naba8
裏手に回ると社宅街らしき長屋群がありました。

100109naba9
こちらも社宅っぽい。管理職向けの社宅に見えます。

100109naba11
随分脇道に逸れてしまいましたが、再び街道に戻ります。
旧街道を歩いてきて振り返ったところです。
右下に小さな石柱がありますでしょう?

100109naba12
やはり道路元標です。
「那波村道路元標」と書かれています。
那波村は明治22年〜昭和6年町制施行まであった村で、昭和14年に相生町に合併されました。
道路元標を見つけると「中心に来た」感じがして、うれしくなります。

100109naba13
街道筋の町家です。
桟の入れ方が凝っていますね。

100109naba14
井戸枠が石でできた井戸を見かけました。
のぞき込むと木の輪が4つ漬かっています。
前右とか後右とかラベルが貼ってありますので、だんじりの車輪ではないでしょうか。

100109naba15
少し先にもっと大きな井戸枠がありました。
お城にあるような井戸です。馬でも洗ったのでしょうか。

100109naba16
那波八幡神社の参道です。
本殿はずっと先ですので、遠目に見ただけで、参拝はしませんでした。規模からみて、ここが氏神さんのようです。

このまま歩いて行くと赤穂まで行ってしまいますので、ここで旧街道を離れます。

○関連記事
 2008年に赤穂・坂越(さこし)について書きました
 「赤穂でお散歩」
 「赤穂の塩の役所」
 「坂越のぼり、おり」
 

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 相生めぐり(2)相生湾を歩く »

日常旅行(兵庫)」カテゴリの記事

コメント

2010年の英ちゃんの初歩き(自転車走り)は、たつの市御津町中心部でした。

岩見漁港付近にもいい雰囲気の町並みでしたよ。

八幡編の次にアップしたいと思います。

投稿: 英ちゃん | 2010年1月11日 (月) 20:32

こんばんは。
地図で確認しました。
岩見漁港というと、室津に行くバスが通りそうですね。
ご報告期待しています。

投稿: びんみん | 2010年1月11日 (月) 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/47249051

この記事へのトラックバック一覧です: 相生めぐり(1)赤穂城下道を歩く:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 相生めぐり(2)相生湾を歩く »