« ちょっと懐かしい中浜(大阪市城東区) | トップページ | 堺市二条通〜三条通の長屋 »

2009年11月23日 (月)

観心寺恩賜講堂 〜ぐる博2009〜

091112kanshinji1
今年も河内長野市の文化財公開「ぐるっとまちじゅう博物館2009」(ぐる博)が開催されています。
会期は2009年11月20日(金)〜11月24日(火)まで。
毎年エリアを決めて公開されていて、今年は市の看板とも言える観心寺・延命寺・金剛寺がエリアです。観心寺では近代建築の恩賜講堂が公開されると聞き、出かけてきました。

ちなみに過去のぐる博はこちら
ぐる博2006ぐる博2007ぐる博2008

観心寺へは、普通は河内長野駅からバスが一般的ですが、私は三日市町駅から自転車で出かけました。
途中、いい雰囲気の日之下橋があったので一休み。

091112kanshinji2
コンクリートのアーチが欄干に取り込まれたデザインで、昭和12年に架設されています。

091112kanshinji3
すぐ上流には大同製薬(株)長野工場がありました。
道路側からは平屋に見えますが、川に張り出した3階建ての建物で、旅館のようにも見えます。ちょっとこの写真では分かりにくいですね。右から水路で建物内に水が導かれていて、いまだに現役の水車小屋なんです。漢方薬を粉砕しています。会社は四條畷から移転してきて、昭和24年に建てられたそうです。
河内長野には生駒山系とともに多くの水車小屋がありましたが、今はこれだけです。

091112kanshinji4
上流側から見たところ。
堰堤が築かれ、左側にある取水口から水路が工場に向かって伸びているのが分かります。

091112kanshinji6
さらに進んで観心寺の手前にある旅館・松中亭にも寄り道しました。
明治期の部材を使って大正前期に建てられ、大正14〜15年に移築されたそうです。離れは昭和10年頃。『河内長野の近代建築』(平成14年、河内長野市教育委員会)にも紹介されています。
泊まる必然性がないけれど、泊まってみたいような宿です。

091112kanshinji7
などと寄り道しつつ、観心寺に到着。
特別公開でも入山料500円は必要です。

091112kanshinji8
あまり時間がなく、急いで恩賜講堂を目指します。
途中、石造の柵の柱が並んでいました。

091112kanshinji9
これが観心寺恩賜講堂です。
もともとお寺の建物ではなく、昭和3年に京都御苑で行われた昭和天皇即位御大典で建設された饗宴場の建物を下賜され(だから恩賜)、昭和4〜5年に移築された建物です。楠木正成ゆかりの地ということでいただけたのでしょうね。

『河内長野の近代建築』によれば、饗宴場は3分割され、1つは観心寺、1つは関西大学の威徳館となり、昭和28年にさらに千里山の千里寺の本堂・講堂として再移築、1つは橿原神宮の建国会館から県営橿原会館となったものの平成10年の台風で破損・解体撤去されたそうです。

(追記)
100228kenkoku
<絵葉書 橿原神宮・建国会館の大講堂>(2010.3.10記)

なので、もっとも原型に近いのがこの観心寺恩賜講堂ということになります。

当初の設計者は、池田谷久吉だそうです。
熊取交流センター煉瓦館(昭和3年)、金光教玉水教会(昭和10年)などが現存。
『史蹟の加太友ヶ島』(昭和24年)という著書があるのも気になります。

091112kanshinji10
今回、ようやく中に入ることができました。
中に入ると外観から想像できない天井の装飾に圧倒されます。
きちんと補修されているのか、非常にきれいです。

091112kanshinji11
見上げると目が回りそう。

091112kanshinji14
ぐるぐると。

091112kanshinji12
折り上げ格天井になっていて、植物模様で埋めつくされています。

091112kanshinji15
またくどいほど電球を付けたシャンデリア。
3基が残っています。

091112kanshinji16_2
真下から見るとこうなります。

091112kanshinji17_2
壁面には小型の電灯が付いています。

091112kanshinji13
壁紙もまた細かく模様の入った手の込んだものです。

091112kanshinji18
外廊下に出るとお寺のような造りで、電灯だけが洋風になっています。
仮設建築なのに80年ももっているってすごいことですね。

091112kanshinji19
宝物館も公開されていましたが、写真が撮れないのでなし。
仏像もいいのですが、踏んづけられているのに不敵な笑みを浮かべる邪鬼(反省の色なし)が印象的でした。
最後に観心寺の金堂(室町期のもので国宝)を遠望。
こちらは以前に見たことがあります。

091112kanshinji20
ところで、余談的にちょっと面白いのが星塚です。
観心寺は弘法大師が北斗七星を勧請したことから再興したので、大きな意味を持つ塚です。

091112kanshinji21
金堂を囲むように7つの星塚があり、それを巡ってお参りするようになっているのがユニークです。
こういうものにはとても惹かれます。

観心寺恩賜講堂は11月24日(火)まで公開されているので、この機会にいかがでしょうか。

|

« ちょっと懐かしい中浜(大阪市城東区) | トップページ | 堺市二条通〜三条通の長屋 »

建築」カテゴリの記事

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

歓心寺恩賜講堂のことはまーったく知りませんでした。
何という天井装飾の華やかさ、美しさ!
ぶっ飛びました。。。
お寺では金色を主体とした豪華絢爛な天井はあると思いますが、これほど多くの色を使って美しいものは珍しいのでは?
今度また公開される機会があれば、何が何でも駆けつけます!

投稿: ひろ009 | 2009年11月24日 (火) 21:51

ひろさん、こんばんは。

とても華やかでしょう?
即位式典用だからとくにということでしょうが。

本文に書き漏らしましたが、演奏会でも時々使用されるそうです。

いろいろ調べていると、3分割されたはずが、同志社高校の「醇化館」についても饗宴場の建物を利用したという記述が。
asahi.comの記事

橿原神宮の建国会館については、賜饌場の移築とするものもあり、ちょっと分からなくなってきました。
もうちょっと情報を整理した方がよさそうです。

投稿: びんみん | 2009年11月24日 (火) 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/46833957

この記事へのトラックバック一覧です: 観心寺恩賜講堂 〜ぐる博2009〜:

» 観心寺 恩賜講堂 [ひろの東本西走!?]
今回の当初目的であった恩賜講堂(登録文化財)です。 この建物のことは4年前に”びんみんさんのブログ”で知り、いずれ必ず訪れたいと思っていたものです。 圧巻はその内部です。 ~当日頂いた説明資料より~こ... [続きを読む]

受信: 2013年11月28日 (木) 22:35

« ちょっと懐かしい中浜(大阪市城東区) | トップページ | 堺市二条通〜三条通の長屋 »