« 上新庄の小松公園(大阪市東淀川区) | トップページ | 住友の新居浜(1)中心市街地? »

2009年10月12日 (月)

上新庄の瑞光寺あたり(大阪市東淀川区)

090720zuikoji1
松山神社の後、南の瑞光寺の方に回りました。
街中なんですけど、このあたりは樹林に囲まれています。
入口に「鯨橋 瑞光寺」と書かれています。鯨橋とは。

090720zuikoji2
入っていくと骨のゲートが。

090720zuikoji3
さらに進んでこれが「雪鯨橋」と呼ばれる鯨橋です。
イワシクジラの骨でできているそうです。

090720zuikoji4
なぜクジラの骨で橋を作ったのかというと、江戸時代の宝暦6年(1756年)、このお寺の住職・潭住知忍(たんじゅうちにん)禅師が和歌山の太地(たいじ)に立ち寄った際、不漁に苦しむ村民のために苦渋の決断で豊漁祈願をして、豊漁になったそうです。村民は感謝のしるしに瑞光寺に骨を納め、瑞光寺ではクジラの冥福を祈りました。その後も太地と瑞光寺の関係が続き、現在、6代目(平成18年架け替え)の橋だそうです。

詳しくは、
十三のいま昔を歩こう「瑞光寺・雪鯨橋」
に紹介されています。

090720zuikoji5
瑞光寺は昔はもっと観光名所だったのか、お寺の入口脇に写真屋さんがありました。
大隅神社の御旅所も隣接してあります。

090720zuikoji8
瑞光寺に立ち寄ったのはあと1つ理由があって、瑞光寺を囲む瑞光寺公園を見るためです。この公園は昭和10年にできました。

090720zuikoji6
さらに、この公園のプールが今夏で閉鎖になると、「十三のいま昔を歩こう」で知り、改修される前に見ておこうという訳です。手前の高架は新幹線。新幹線を眺めながら泳げるプールでした。

090720zuikoji7
反対側から。残念ながら、以前から改修が入っていたようで、古い公園らしさは見つけられませんでした。強いて言えば、瑞光寺を囲む、その不整形さでしょうか。

090720zuikoji9
上新庄に戻る道の途中、いくつか気になる建物がありました。
ひとつはこの2棟並びの住宅です。
まとめて開発されたようで、何か引っかかるものがあります。

090720zuikoji10
フランス瓦の住宅。
鬼瓦にもパルメット紋(ナツメヤシの模様)が使われていて、屋根だけ洋風です。

090720zuikoji11
とくに印象的だったのが、名付けて洋館付き住宅のダブル。
角に2階建ての洋館部、奥に平屋の洋館部があります。そして本体は2階建ての和館。角はあとから増設されたのでしょうか。

このあたりは昭和6年に工事を完了した、上中島土地区画整理事業の区域内ですので、昭和初期の建物かもしれません。

|

« 上新庄の小松公園(大阪市東淀川区) | トップページ | 住友の新居浜(1)中心市街地? »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

ほー知らなかった・・・
ほんま世の中知らないことが多いですわ。
特にお寺関連は、全く手付かずのまんまで知らないこと多し
ココも機会あらば徘徊してみたいですわ

投稿: 路爺 | 2009年10月12日 (月) 07:15

路爺さん、続けてありがとうございます。
私も神社の方が好きで、お寺はほぼ手つかずです。たまたま訪ねるぐらいで。

機会ありましたらどうぞ。

新之介さんの「十三のいま昔を歩こう」で、「上新庄・下新庄を歩く」のカテゴリーを立てておられるので参考になりそうです。

投稿: びんみん | 2009年10月12日 (月) 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/46460755

この記事へのトラックバック一覧です: 上新庄の瑞光寺あたり(大阪市東淀川区):

« 上新庄の小松公園(大阪市東淀川区) | トップページ | 住友の新居浜(1)中心市街地? »