« 浅香山の長屋など(堺市) | トップページ | 日比谷公園の明治(東京都千代田区) »

2009年10月24日 (土)

再び学士会館に泊まる(東京都)

090828gakushi1
2年前にも「学士会館に泊まる」で紹介しましたが、
今年、東京で研修の機会があり、1泊追加して再び学士会館に泊まりました。
前回も書いた通り、昭和3年の建築で、リーズナブルに泊まれる近代建築なのは変わらずです。
前回の宿泊後、すぐに改修に入りましたので、どう変わったのか、変わってないのか、そのあたりを紹介したいと思います(その実、よく分かってなかったりしますが)。

まずは夕方のロビーから。ロビーは変わってないのでは。

090828gakushi2
朝のロビーと階段。

090828gakushi3
客室の廊下。こころもち明るくなったような気がします。
ドア上の鴨居?と照明が以前はなかったのでは。

090828gakushi4
鴨居?上の照明。

090828gakushi5
客室です。きれいになったような気がします。
前回は隅の方が古びてましたので。
居心地が良くなっています。ビジネスホテルよりはかなり快適。

090828gakushi7
天井照明の根元の飾り。透かしが入ってます。
これは変わらないと思います。

090828gakushi6
ホテルの談話スペース。
変わってなさそう。

090828gakushi8
2階の1室のドア。ステンドグラス入り。
たぶんきれいになっています。

090828gakushi11
確か2階の、前回は見ていない部屋です。

090828gakushi10
裏の階段です。

090828gakushi9
さらに階段を登ったところ。
このへんは変わってなさそう。

090828gakushi12
1階の手洗い。
手洗いでこの豪華さ。

090828gakushi13
1階のステンドグラス。
前回もあったのかもしれませんが、記憶にありません。

090828gakushi14
談話室はかなりイメージチェンジしました。
ソファから椅子に変わって、スペースに余裕ができています。
照明がゴージャスになりました。

090828gakushi15
談話室のシャンデリアその1。

090828gakushi16
談話室のシャンデリアその2。
オリジナルの照明に戻したのでしょうか。

090828gakushi17
ちなみにセブンズ・ハウスの照明。
朝食は変わらず、セブンズ・ハウスで提供されます。

どんな風に改修したのだろうと気になっていましたが、
いい感じに改修されていて、より快適になったと思います。

ひろさんの記事もどうぞ
「学士会館での宿泊(その1)」
「学士会館での宿泊(その2)」

|

« 浅香山の長屋など(堺市) | トップページ | 日比谷公園の明治(東京都千代田区) »

国内旅行」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
おー、再訪(再宿泊)されましたか。
※Myブログのご紹介、ありがとうございます。

やはりドア上の鴨居と照明は以前は無かったようです。
”2階の1室のドア。ステンドグラス入り”は知りませんでした。美しいですね。
”1階のステンドグラス”は廊下沿いにありましたよ。

そうそう、ドラマ「不毛地帯」でクラブのシーンにステンドグラスの部屋が写るのですが、これは学士会館の一室のようです。ラストクレジットに学士会館が出てきますし、ステンドグラスのデザインが210号室や階段室のそれと同様なので間違いないと思います。


投稿: ひろ009 | 2009年10月25日 (日) 23:08

ひろさん、こんばんは。
かなり遅れての報告なのですが、再宿泊しました。
1階のステンドグラスはやはりありましたか。

ドラマはあまり見なくて、「不毛地帯」でのシーンというのは知りませんでした。情報をありがとうございます。
いろいろと使われていそうですね。

投稿: びんみん | 2009年10月26日 (月) 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/46565851

この記事へのトラックバック一覧です: 再び学士会館に泊まる(東京都):

« 浅香山の長屋など(堺市) | トップページ | 日比谷公園の明治(東京都千代田区) »