« 再びセンダンの木陰へ(茨木市) | トップページ | 上新庄の小松公園(大阪市東淀川区) »

2009年10月 9日 (金)

加太砲台跡など(和歌山市)

090815kadahoudai1
「友ヶ島第4砲台跡」の続きです。
友ヶ島から加太港へは最終便の1便前に戻りましたので、まだ少し加太を散策する時間がありました。
岬に向かって歩いていくと、紀州青石積みの石塀がありました。荒々しく積んだ方が紀州青石らしいのですが、非常にきれいに加工して積んでいます。

紀州青石というのは和歌山付近で採れる緑泥片岩で、同様の青石は中央構造線に沿って、伊勢、阿波、伊予などでも見られます。

090815kadahoudai2
さらに進むと大きな近代和風旅館の吾妻屋旧本館がありました。
昭和8年の建築だそうです。老朽化のため、残念ながら使われていません。

090815kadahoudai4
その向こうには加太淡嶋神社があります。
友ヶ島のところで、元は神島にあったと書いた神社です。
拝殿の外廊下の上と下に何か見えますか?

090815kadahoudai5
境内に夥しい数の人形。この神社は人形供養で有名な神社です。
ここは招き猫ばかりですが、タヌキばかり、舞妓さんばかり、博多人形ばかり、などなど人形ごとにグルーピングされています。ある意味、博物館です。

090815kadahoudai3
ところで、神社の参道に江戸時代・文政13年(1830年)の千度石がありました。側面に「渡海安穏」とあります。廻船問屋が奉納したのでしょうか。
千度石というのもあるのですね。たいへんな願掛けです。

ちなみに参道にも紀州青石が敷かれています。

090815kadahoudai6
まだ時間があったので、吾妻屋旧本館の脇から、山の上にある和歌山市立加太少年自然の家に登りました。1日の終わりには結構きつい登りです。
その入口前にあったのが、この建物。このシリーズを読まれた方はお分かりですね。便所です。
この手前にも数棟の民家があって、それも元は砲台の附属建物だったそうです。そう、ここも砲台跡なのです。

090815kadahoudai7
「関係ない大人は入るな」という趣旨の警告にひるみつつ門をくぐると、すぐに砲台関連施設がありました。友ヶ島で散々見てきましたのですぐ分かります。
勝手に入るわけにはいかないので、事務室に出向いて見学許可をもらいました。ついでに砲台の位置を尋ねて地図をもらいました。砲台とは書かれていませんが、地図の形にははっきり現れています。

090815kadahoudai8
メインの建物のすぐ脇には加太砲台跡があります。ここが砲座のようです。
加太砲台は明治35〜37年に建設された砲台なので、友ヶ島の砲台よりは10年ほど新しい砲台です。

090815kadahoudai9
中に入れる部分もあります。
ここは観測所だとのこと。

090815kadahoudai10
くぐり抜けて振り返るとこうなっています。

090815kadahoudai11
ここから園内の歩道をさらに登っていった先に家族の広場とアスレチック遊具があります。
ここは同じく明治35〜37年に建設された田倉崎砲台跡だそうです。
アスレチックと一体で冒険心を増しています。

090815kadahoudai14
棲息掩蔽部というそうです。
倉庫に使われている風。

090815kadahoudai12
弾丸置き場のくぼみにはバーベキューの薪がぎっしり。
しっかり活用されています。

090815kadahoudai13
極めつけはこの滑り台。
砲座跡の池と海を眺めながらの絶景滑り台。
すごいレイアウトやなあと思います。
子供がいなかったので、私も一回滑ってみました。

090815kadahoudai15
戻る途中、来るときには気付かなかった遺構がありました。
右翼観測所の跡だそうです。

090815kadahoudai16
この上は、みはらしの丘として紀淡海峡を眺めることができます。
さっき渡ってきた友ヶ島も全景が見えます。
この景色を目に納めて山を下りました。

090815kadahoudai17
加太駅に向かって歩いていると、側溝になにやらゆらゆらするものが。
なんとイソギンチャク! しかし、いくら海が近いと言っても・・・

090815kadahoudai18
不思議に思って川上に目をやると、貝屋さんがあって、海水を掛け流していました。なるほど。

090815kadahoudai19
加太の集落にはこのような旅館風建築もあります。

090815kadahoudai20
落ち着いた町並みがあって、加太の町を歩くのもまたいいと思います。
加太の集落については、このシリーズの最初「加太港へ」でも紹介しました。

肝心の六光星の煉瓦刻印は確認できませんでしたが、多くの砲台跡・附属建物など近代化遺産を見ることができ、とても充実した一日でした。加太・友ヶ島はかなりお勧めできます。
歩くには遠いので訪れませんでしたが、加太の北には深山第1〜3砲台跡などもあります。
こちらも元気がある方はどうぞ。

なお、由良要塞や友ヶ島砲台、加太砲台については、図解入りなど、もっと詳しい解説をされているページがたくさんあります。「由良要塞」、「友ヶ島砲台」などで検索すると見つかりますので、ご覧になってみて下さい。とくに「由良要塞」のHPが分かりやすいです。

|

« 再びセンダンの木陰へ(茨木市) | トップページ | 上新庄の小松公園(大阪市東淀川区) »

建築」カテゴリの記事

日常旅行(和歌山)」カテゴリの記事

コメント

加太・友ヶ島、怒濤の連載でしたね。
素晴らしかったです。
加太の絶景滑り台や旅館風建築も良さげですし、いつか必ず行ってみたいと思います。

投稿: ひろ009 | 2009年10月10日 (土) 07:46

ひろさん、こんにちは。
楽しんでいただけましたでしょうか。
本文中にも書きましたが、由良要塞(加太・友ヶ島・淡路島にまたがる要塞)については、もっと専門的なレポートがたくさんありますので、出かけられるときにはご覧になってみて下さい。

投稿: びんみん | 2009年10月10日 (土) 10:33

そうか、加太の街中にも砲台跡があったんですね
知らなかった・・・
ま、考えてみたらあたりまえなんでしょうが
ということは淡路側にもあるということなんでしょうか?
鄙びた感が良いですねー・・・機会あらば!!

投稿: 路爺 | 2009年10月12日 (月) 07:12

路爺さん、こんにちは。
街中というには軽く山登りですが、あります。
淡路側にもありますよ。
ただ、淡路側は情報が少ないようです。

投稿: びんみん | 2009年10月12日 (月) 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/46434897

この記事へのトラックバック一覧です: 加太砲台跡など(和歌山市):

« 再びセンダンの木陰へ(茨木市) | トップページ | 上新庄の小松公園(大阪市東淀川区) »