« 日比谷公園の明治(東京都千代田区) | トップページ | 「大阪市いちばん展」(大阪市公文書館) »

2009年10月27日 (火)

日比谷公園の昭和(東京都千代田区)

090829hibiyashowa1_2
昭和でも私の好みで昭和戦前期に注目します。
昭和時代のものかというと確証のないものが多いので、それは予めご了承ください。

日比谷公園で昭和というと日比谷公会堂市政会館でしょう。
この建物、あくまで市政会館が主で、公会堂が付いているんですね。
安田財閥の安田善次郎の寄附によって昭和4年(1929年)に建てられたそうです。
指名設計競技で一等を取った佐藤功一の設計をもとにしたもの。
大隈講堂と同じ設計者ときくとなるほどという雰囲気です。
こちらは外周道路側の正面です。

090829hibiyashowa2
公園側もまた正面になっています。
正面が二つあるというのも面白いですね。

090829hibiyashowa3
日比谷公会堂の入口。
この日も小さな催しが開かれていました。

090829hibiyashowa4
1階の庇には植物のつるの模様。
連続でとても存在感があります。

090829hibiyashowa5
前回紹介した第一花壇の、ペリカン噴水と反対側の門です。
花壇兼用の門柱デザインが昭和初期の雰囲気です。
セセッションになるんでしょうか、なんとなく文京区の元町公園のデザインに似ている気が。

090829hibiyashowa6
同じく第一花壇のオブジェ。こちらは新しいかも。
一応、載せておきます。

090829hibiyashowa7
第一花壇の門と向き合うように、壁泉がありました。
小音楽堂に登っていく階段がありますが、柵があるのでそこまで。

090829hibiyashowa8
このデザインも昭和初期っぽいです。

090829hibiyashowa9
元はこの顔から水が出ていたのでしょう。
この顔って何?

090829hibiyashowa11_2
三笠山には鋳鉄製の街灯が立っています。
明治のアーク灯に比べるとずっとシンプルですが、なかなかいいデザインだと思います。
時代は不明。上の笠の部分は新しそうです。
同様の形のものが第一花壇の写真にも写っていました。

090829hibiyashowa12
古参ということでは、この狼の像も。
昭和13年にイタリアから東京市に贈られたものだそうです。
ローマ建国の物語で、狼に育てられた兄弟の像です。

090829hibiyashowa13
雲形池に近いところにあるフラワーポッド。
生き残りという感じですが、いつのものかは分かりません。

090829hibiyashowa14

090829hibiyashowa15
なんとなく気になる枡形の石です。
金具が付いているところがまた。
鉢なんでしょうか。

090829hibiyashowa10
最後にこれが謎だったんですが、人用の水飲場としている記事がありました。
雲形池の近く。足元に「KINSEI No.1」と書かれています。
古そうですが、これも年代は不明です。

探れば、まだいろんな発見があるのかもしれません。

|

« 日比谷公園の明治(東京都千代田区) | トップページ | 「大阪市いちばん展」(大阪市公文書館) »

国内旅行」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/46594442

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷公園の昭和(東京都千代田区):

« 日比谷公園の明治(東京都千代田区) | トップページ | 「大阪市いちばん展」(大阪市公文書館) »