« 「前衛都市モダニズムの京都展1895-1930」(京都国立近代美術館) | トップページ | 初めての北海道(8)釧路の老舗そば店 »

2009年7月 8日 (水)

初めての北海道(7)釧路の眺めの良い住宅地

090605fujimi1
釧路市立博物館から丘の上を伝って歩いていたとき、富士見町で気になる区画を見かけました。

090605fujimi2
まずこちらのきれいな建物。
『道東の建築探訪』によれば、昭和20年代に建てられたI家住宅で、釧路市の都市景観賞も受けています。

090605fujimi3
向かいの建物は改修の手が加わっていますが、屋根の形といい、似たような雰囲気です。

090605fujimi4
その隣の、一番古そうに見えるこちらの建物。
木塀も含めて、古い住宅地の雰囲気を留めています。
このあたりは住宅地としてまとめて開発されたのでしょうね。

090605fujimi5
富士見町には、富士見神社もあります。
真っ赤っかのすごいインパクトで、本州の神社とはちょっと違います。

なお、「富士見」の名前ですが、釧路から富士山が見えるわけはなく、「阿寒富士」(阿寒岳)が見えるからだそうです。天気が良ければ。この日は見えなかったのが残念でした。

090605fujimi6
同じく富士見の釧路ハリストス正教会は、最初、明治31年浦見に設置され、昭和7年に2代目の教会が建てられていたものが、平成4年に現在の教会に建て替えられています。
この場所の意味を感じさせる教会です。


より大きな地図で 北海道 を表示
富士見のほか、湾を眺める浦見という地名もあります。
このあたりはみな丘の上です。

090605fujimi7
弥生町まで歩くと、南斜面に素敵な住宅がありました。

090605fujimi8
表に回ってみると、下見板の住宅の妻壁にシンプルな玄関があります。

090605fujimi9
このように木の柵に囲まれた住宅というのが、釧路の住宅の原風景ではないでしょうか。
そう感じるだけで根拠はないのですが。
柵の外に花が咲いているのがまた素敵です。

090605fujimi10
木の柵のある坂道は延々と海の方まで続いていました。
ここもまたお天気が良ければ海が見えるでしょう。
今回の釧路で一番のお気に入りの場所です。

090605fujimi11
弥生米町通を下っていくと、腰折れ屋根の下見板住宅がありました。

090605fujimi12_2
釧路では木柵が多く、あまり石積みを見かけなかったのですが、斜面造成に平たい石を積んだ石垣がありました。

090605fujimi13
下見板の住宅はあちこちにあります。
海辺に近い住宅は、南大通の海寄りで見かけた住宅と似ているようです。

090605fujimi14
坂を下りきると、目の前を横切って石炭運搬用の線路がありました。

090605fujimi15
線路を越えるとすぐ、霧が出てものわびしい海。弁天ヶ浜と呼ばれます。
お天気の良い日に丘上から眺める海は、もっとのどかなものかもしれません。
眺めの良い住宅地から海を眺める休日を想像しました。

 >「初めての北海道」の目次へ


|

« 「前衛都市モダニズムの京都展1895-1930」(京都国立近代美術館) | トップページ | 初めての北海道(8)釧路の老舗そば店 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/45570013

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての北海道(7)釧路の眺めの良い住宅地:

« 「前衛都市モダニズムの京都展1895-1930」(京都国立近代美術館) | トップページ | 初めての北海道(8)釧路の老舗そば店 »