« 初めての北海道(8)釧路の老舗そば店 | トップページ | 「チェコのキュビズム建築とデザイン1911-1925展」(INAX大阪) »

2009年7月11日 (土)

初めての北海道(9)釧路の春採公園

090605harutori13
竹老園・東家総本店のあと、すぐ近くの春採(はるとり)公園に向かいました。
春採公園は、海岸段丘に囲まれたひょろ長い海跡湖の春採湖周辺の公園です。
もとは大正5年に造園家の本多静六が設計した釧路公園の一部で、昭和12年に再度、改良設計が加えられているそうです。今は網走市立博物館も建っています。


より大きな地図で 北海道 を表示
春採公園、春採湖は変化に富んだ景勝地で、西側は住宅地、東側は炭鉱街です。
湖の南岸を石炭運搬用の鉄道が走っています。

090605harutori14
博物館はどちらかというと自然系がメインです。
それでも釧路の産業関連の展示もあります。
これは霧笛。

090605harutori15
産業用の道具の壁面展示。
製材(枕木など)、製紙、馬産、漁業、石炭など。
石炭に関しては、別に炭鉱展示館もあります。

090605harutori18
博物館の前から春採湖越しに炭鉱街の方を見たところ。
炭鉱街と炭鉱展示館も見たかったのですが、今回は時間がありませんでした。

090605harutori16
博物館から春採湖の南側を見たところ。
春採湖の西は暮らしの場、東は仕事の場、そして南は・・・

090605harutori17
春採湖の南側は岬のような丘で海と隔てられ、丘の上には墓地があります。
まるで映画に出てきそうなロケーション。
明治20年に街中から移転した紫雲台墓地です。
望郷の念が、太平洋を望むこの場所に墓地を置かせたのでしょうか。

春採公園には釧路の縮図が見えるようです。

 >「初めての北海道」の目次へ

|

« 初めての北海道(8)釧路の老舗そば店 | トップページ | 「チェコのキュビズム建築とデザイン1911-1925展」(INAX大阪) »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/45603399

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての北海道(9)釧路の春採公園:

« 初めての北海道(8)釧路の老舗そば店 | トップページ | 「チェコのキュビズム建築とデザイン1911-1925展」(INAX大阪) »