« 萩児童公園とラジオ塔(京都市左京区) | トップページ | 北白川・小倉町住宅地(京都市左京区) »

2009年4月16日 (木)

洛北土地区画整理地区(京都市左京区)

090329rakuhoku0
京都市左京区の萩児童公園は、洛北土地区画整理組合の施行区域内にあります。
この区画整理は京都でも早い時期のもので、昭和2年に組合が設立され、施行区域は下鴨地区北部の7万1400坪、南を疎水分線で区切られています。工事は昭和3〜5年、昭和9年に祝賀式が行われ、萩児童公園に記念碑が建てられました。それが上の写真です。
(参考:石田潤一郎氏「北白川・下鴨/京都」、『近代日本の郊外住宅地』所収)

090329rakuhoku1
区域内に入って感じるのは非常に街路がゆったりしていること。
最低でも幅員6.5mの道路で、さらに1階部分で1間(1.8m)、2階部分で2間のセットバックがかかっていたそうなので、いっそう空が広くなります。

090329rakuhoku2
改築・増築されている家も多いですが、昔の住宅がよく残っていると思います。
これなどは当初のものでしょう。

090329rakuhoku3
門の周りを見るのも、郊外住宅地の楽しみのひとつ。
高低2段の門柱、モザイク状に貼りながら、岩の塊を残した塀など趣向が凝らされています。

090329rakuhoku4
大和棟風の住宅ながら、どことなくモダン。

090329rakuhoku5
スパニッシュ風(?)の京北教会。
戦前ではないとのことですが、雰囲気はあります。
郊外住宅地には教会が似合います。

090329rakuhoku6
2軒並びの住宅。アーチのある玄関に少しスパニッシュが入っている?

090329rakuhoku7
曲線のある低い門塀は、2軒でつながっていて、一体感があります。
路肩の石材は、この区域全体で残っています。

090329rakuhoku8
こちらは抽象絵画風の門塀。

090329rakuhoku9
北泉通に面して赤い三角屋根の洋風住宅が建っていました。
ランドマークのように非常に目立ちます。
窓枠もピンクでコーディネート。
生垣の緑に映えます。

090329rakuhoku10
これが北泉通。東西の幹線です。
よくこんな道を付けたものですね。

090329rakuhoku11
洋風住宅だけでなく、近代和風の住宅もあります。
洋風住宅の生垣に対して、和風住宅は屋根付きの板塀。

090329rakuhoku12
北から南に縦断して区域界の疎水まで来ました。
この時は桜の満開までもう一歩という時期。
当時も今も環境のよい住宅地です。

|

« 萩児童公園とラジオ塔(京都市左京区) | トップページ | 北白川・小倉町住宅地(京都市左京区) »

日常旅行(京都)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/44683331

この記事へのトラックバック一覧です: 洛北土地区画整理地区(京都市左京区):

« 萩児童公園とラジオ塔(京都市左京区) | トップページ | 北白川・小倉町住宅地(京都市左京区) »