« 外から長楽館(京都市) | トップページ | 「海岸通建物物語4」赤レンガに会いに行こう! 開催中 »

2009年3月29日 (日)

中から京都市美術館

090111kyotoshibi1
円山公園を訪ねた同日に京都市美術館に入りましたので、それもついでに紹介しておきます。
外観については、岡崎公園を訪問したときに少し紹介しました。

京都市美術館HPによれば、京都市美術館は昭和3年の天皇即位大典記念事業を機に、昭和8年に設立された「大礼記念京都美術館」が前身だそうです。東京都美術館に次ぐ、日本で2番目の大規模公立美術館でした。

美術館本館は、「日本趣味を基調とすること」の条件で公募され、一等に入賞した前田健二郎の設計図案を基に、昭和6年に着工、昭和8年に竣工したそうです。洋風の建物に和風の屋根が載る、いわゆる帝冠様式です。

090111kyotoshibi3
門柱には「京都美術館」の古いプレートが残ります(戦後の接収をへて、昭和27年に京都市美術館と改称)。さらにうっすらと「大礼記念」の文字跡が残っているとのこと。

090111kyotoshibi2
正面玄関を入ると、天井にはたくさんのレリーフの花が並んでにぎやかです。

090111kyotoshibi4
エントランスホールの正面には2階に上がる階段があります。階段は茶色い大理石で、親柱は灯籠のような和風。人が多いので、ホール全体は撮っていません。

090111kyotoshibi5
大きな吹き抜けにはなっていませんが、横からは華やかな2階の様子がうかがえます。

090111kyotoshibi6
2階の天井は花のステンドグラスで埋め尽くされています。格天井+和風のステンドグラスという組み合わせ。

090111kyotoshibi7
1階ホール脇にはモダンな格子のステンドグラスがあります。色合いは落ち着いています。

090111kyotoshibi8
1階天井の梁と大型の照明器具。梁や天井周りはけっこう細かく装飾が入っています。

090111kyotoshibi9
北側階段ホールの照明器具は少し小ぶり。

090111kyotoshibi10
北側階段ホール。カーブを描くゆったりした階段で、普通の建物ならこれが正面でもおかしくないぐらい。

090111kyotoshibi11
東側の1室の天井部分。この部屋の柱は黒っぽい大理石が使われています。ちょっとぜいたくなつくりです。

090111kyotoshibi12
2階の柱の上の部分を見てみると、雲型など和風をもとにしながらも、かなり幾何学的なデザインが入っていました。セセッション風が入っている?

内部もずいぶんと立派な京都市美術館でした。

|

« 外から長楽館(京都市) | トップページ | 「海岸通建物物語4」赤レンガに会いに行こう! 開催中 »

建築」カテゴリの記事

日常旅行(京都)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/44496262

この記事へのトラックバック一覧です: 中から京都市美術館:

« 外から長楽館(京都市) | トップページ | 「海岸通建物物語4」赤レンガに会いに行こう! 開催中 »