« 洋風玄関の丸保園(堺市) | トップページ | 多治見散歩 »

2009年3月16日 (月)

多治見の昭和町

090225tajimi1
多治見の出張最終日。
あいにく雨の日でしたが、仕事が終わる頃に雨も上がり、日も長くなりましたので、少し町を歩きました。

多治見の真ん中を北東-南西に土岐川が流れています。元々の多治見の町は川の南側(写真の右側)で、多治見駅のある川の北側は昭和9年に合併するまで豊岡町という別の町だったようです。

この写真は駅前通の陶都大橋から撮っています。向こうの橋は昭和橋で、右に渡ったところは昭和町です。多治見は面白いことに昭和町、大正町、明治町が揃っています。
今回は旧の多治見町側にある昭和町を紹介します。

右手にこんもりしたヒマラヤ杉が見えますでしょうか。

090225tajimi2
近づくとこういう洋館があります。
Reverie(レヴェリ)という、雑貨店、レストラン、ギャラリー、英会話教室の複合施設です。
ホームページによると、元は大正末期から昭和初期にかけて建てられた演劇場らしく、その後、税務署、裁判所、陶器関連の会社事務所などに使われ、空き家になっていたところを活用されているそうです。

090225tajimi4
陶器の町・多治見だけあって、タイルがふんだんに使われています。
とくに玄関の柱はびっしりと豆タイル。

090225tajimi5
廊下はずっとこの市松模様です。
下にはギャラリーが入っています。
お話でも聞こうと思ったのですが、無人でした。

090225tajimi3
2階建てでギャラリーは地下室なのかと思うと、裏から見ると3階建て。違う建物に見えます。
表は土岐川の堤防に面して建てているので、2階が入り口になっているのですね。

090225tajimi6
ちなみに、Reverieさんが入られたときに敷かれたのかと思いますが、玄関前には耐火煉瓦が敷かれています。焼き物の窯にたくさんの耐火煉瓦が使われているので、その再利用だと思います。KTK、TRC、STR、YRKなどと刻印がありますが、何という会社の略号なのか分かりません。

090225tajimi7
また近くに旧昭和橋郵便局があります。
昭和9年頃の建物らしい。
残念ながら今は使われているふうではありません。

090225tajimi8
すごいのがタイルで埋め尽くされているところで、軒裏にもびっしりタイルです。
一部スクラッチタイルも使用。

090225tajimi10
昭和町から少し外れます。
町家もまたびっしりとタイルが貼られています。

090225tajimi9
こんな感じです。
右端は改築部分のようです。

090225tajimi11
上は浴室用タイルのような気がしないでもないですが。

昭和町はその名の通り、昭和レトロの雰囲気ある町でした。


|

« 洋風玄関の丸保園(堺市) | トップページ | 多治見散歩 »

国内旅行」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/44360871

この記事へのトラックバック一覧です: 多治見の昭和町:

« 洋風玄関の丸保園(堺市) | トップページ | 多治見散歩 »