« 栗原邸(旧鶴巻邸)の見学会(京都市山科区) | トップページ | 伊勢竹原の駅前セット »

2008年11月26日 (水)

彫刻づくしの京都府庁

081115kyotofuchou1
翌週また京都へ。
まだ見てなかった京都府庁の秋の一般公開を見に行きました。
府庁前は釜座通りのけやき並木で、ここだけ見たらパリみたい。そこまで見せることにこだわった計画をしています。
京都府庁旧館は、明治37年(1904年)に竣工した100年前の庁舎です。

081115kyotofuchou2
正門前には浅い堀があり、石橋を渡って入ります。こんなとこまで、しっかりつくっています。

081115kyotofuchou3
近くで見るとますます立派な建物。
柱に車寄せ、三角破風に装飾がふんだんに施されています。
屋根は天然スレートだそうです。

081115kyotofuchou4
窓に石柱・石梁を使っているのが面白く思います。

081115kyotofuchou5
玄関を入ると正面には立派な階段ホール。
大理石のぜいたくな階段です。

081115kyotofuchou6
正面以外の階段手すりは木製ですが、やはり細かい彫刻が施されています。柱頭のアカンサス(ハアザミ)のモチーフは館内あちこちに用いられています。

081115kyotofuchou7
特徴的なのがアーチとベランダで、とくにアーチは至るところにありました。こういうところを歩いていると府庁の中という気がしません。

081115kyotofuchou8
2階正面は正庁になっています。この日はクラシックコンサートが開かれていました。天井の高い大きなホールです。

081115kyotofuchou9
府庁内部は思った以上に見るところが多く、とくに食堂、そしてこの知事執務室がもとの雰囲気で残されています。奥が知事の机です。この2部屋はボランティアらしき方がついて説明してくださっていました。

081115kyotofuchou10
知事室の扉の上の飾りです。こんな目立たないところにも細かい彫刻を使っているんですね。

081115kyotofuchou11
暖炉ももちろん凝ったものです。
知事室の暖炉は木とタイルと鉄でできています。

081115kyotofuchou12
金属の覆いには可憐な植物模様が刻まれています。ひなぎくでしょうか。

081115kyotofuchou13
貴賓応接室の暖炉は大理石でできています。
それも彫刻でいっぱい。ためいきが出ます。

081115kyotofuchou14
この繊細さです。
なんと手間をかけていることか。

京都府庁旧館は木・石・金属の彫刻がみごとでした。
このような彫刻の数々は、今なら許されないぜいたくでしょうが、100年も使ってまだまだ価値をもつのを見ると、果たして壊しても問題ないものを作るのとどちらが無駄なのかななどとも考えさせられます。

081115kyotofuchou15
美しいものを見た後でこういうものも。
昭和3年に設置された知事・部長登退庁表示灯というものだそうです。

081115kyotofuchou16
なお、府庁と同じ敷地に京都府警察本部(昭和4年)も立っています。
明治建築と比べると当然ながら装飾は少ないですが、玄関のアーチなどにセセッション風(?)の幾何学模様が入っています。
ここにある限り、ずっと脇役というのが気の毒なような。

|

« 栗原邸(旧鶴巻邸)の見学会(京都市山科区) | トップページ | 伊勢竹原の駅前セット »

建築」カテゴリの記事

日常旅行(京都)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/43226835

この記事へのトラックバック一覧です: 彫刻づくしの京都府庁:

« 栗原邸(旧鶴巻邸)の見学会(京都市山科区) | トップページ | 伊勢竹原の駅前セット »