« 初瀬街道の近代−桜井 | トップページ | 初瀬街道の近代−長谷寺 »

2008年10月22日 (水)

初瀬街道の近代−大和朝倉〜長谷寺門前

081012asakura
桜井〜長谷寺の街道歩きの続きです。
国道165号に沿って歩き、近鉄をくぐると大和川にぶつかります。
そこに昭和14年の新佐野渡橋が架かっています。時代相応のシンプルなデザイン。
このあたりを走っていた大阪電気軌道初瀬線(旧初瀬鉄道)が昭和13年に廃止されていますので、その後に道路橋に仕立て直されたのでしょうか。

081012asakura2
旧初瀬街道は国道を分かれ、趣きある佐野渡橋を越えます。
橋の架かる前は渡しがあったのでしょうか。

081012asakura3
橋の欄干には尖頭アーチのまどが開いています。
年代は分かりませんが、昭和初期のデザインに見えます。

081012asakura4
慈恩寺・追分の集落には再び古い街並みが登場します。
2階の虫籠窓、格子、水槽、軒下の犬矢来ときれいに整っています。

081012asakura5
パステル色のレトロな理髪店と美容室が並んでいます。
ご夫婦でされてるんでしょうね。

081012asakura6
集会所のような雰囲気の建物。少し荒れています。

081012asakura7
街道筋に小さな橋が架かっていました。

081012asakura8
築紫原橋です。大正5年(1916年)の橋。
親柱だけが古いようです。玉を載せたようなデザインがかわいらしい。

081012asakura9
黒崎のあたりに旧朝倉村の小さな道路元標(かつての道路里程の基準点)がありました。
このあたりが旧朝倉村の中心だったのでしょう。
この小さな道路元標を追い求める人もいます。

081012asakura10
玄関先を見ているとよく「八十八」と書かれたしゃもじが貼られています。
米寿のお祝いのしゃもじを玄関に貼る風習があるようです。
数が多いのはいろんな人にもらうから?

081012asakura11
蔵のような重厚なお宅もありました。
石造の門柱が近代風です。

081012asakura12
黒崎の白山神社。雄略天皇泊瀬朝倉宮伝承地の解説板と歌碑が設置されています。

081012asakura14
ちょっと脇道にそれて、コスモスの咲く橋がありました。
自然に生えたのなら素敵だし、植えたのならなかなかのセンスです。

081012asakura15
旧街道は再び国道165号線と重なります。
しばらくは国道を歩かないといけません。交通量が多くて落ち着きませんが、周りの田んぼを見るとのどかな田園風景です。
このあたりは美しい谷です。

081012asakura16
出雲の集落には十二柱神社があります。その名の通り、十二柱の神様をまつる神社。相撲の野見宿禰にちなんだ伝承もあるようです。出雲という地名といい、古代色の強いところです。

081012asakura17
出雲を抜けると長谷寺参道の門が見えてきました。
いよいよ長谷寺です。

|

« 初瀬街道の近代−桜井 | トップページ | 初瀬街道の近代−長谷寺 »

日常旅行(奈良)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/42843868

この記事へのトラックバック一覧です: 初瀬街道の近代−大和朝倉〜長谷寺門前:

« 初瀬街道の近代−桜井 | トップページ | 初瀬街道の近代−長谷寺 »