« 青島・煙台の旅(26)青島八大関をさまよう | トップページ | 大阪大学の五角窓 »

2008年9月17日 (水)

石橋の下見板の建物

080914ishibashi1
阪大に用事があって石橋に出ました。
そのついでに以前、大阪大学総合学術博物館を見に行ったときに気になっていた一角を歩きました。

石橋は西国街道と能勢街道が交差するところで、少し北の西国街道上に瀬川宿という宿場町がありました。また1910年(明治43年)に梅田~宝塚・石橋~箕面間の箕面有馬電気軌道(阪急の前身)が開通したときに石橋駅が誕生しました。昔から交通の要所として賑わったところです。

今回歩いたのは池田市石橋3丁目のあたり、石橋駅の東側(阪大側)です。さっそく、とても気になる建物があります。
下見板張り2階建ての木造建築で、ひと気なく静かに立っています。

080914ishibashi2
玄関の雰囲気からは事務所のよう。
2階にうっすら残る文字は、私には石橋衛生研究所と書かれているようにも思えます(気のせい?)。隣は大阪空港関係の寮なので何か公的な建物かとも思いつつ、分かりません。
どなたかご存じでしょうか。

080914ishibashi3
裏からもよく見えます。裏には同じく下見板張り2階建ての倉庫らしきものが立っています。
庭に草1本なくて、駐車場のようなのが不思議。

<追記>  2010年からこの建物は、陶芸&カフェJiJiとして再生活用されているそうです。  建物は昭和23年頃で、診療所としてスタートし、のちに保健所の仕事を手伝うようになって、石橋衛生研究所の名前になっていたらしいです。ちなみに裏の小屋ではモルモットを飼っていたそうです。  →陶芸&カフェJiJi  (2013.7.15記)

080914ishibashi5
この一角は石垣を見ても古い雰囲気が漂っています。

080914ishibashi7
石垣の下にも石を張り詰めて几帳面なこと!
この張り方は大正時代っぽい感じです。

080914ishibashi4
そして洋館付き住宅の数々があります。
見にくいですが、緑の瓦屋根の洋館部分が付いています。

080914ishibashi6
こちらも洋館付き住宅らしい。
屋根は葺き替えられています。

080914ishibashi8
そしてもう一つ小ぶりな洋館付き住宅。
狭いところに集中しています。

080914ishibashi9
このあと、踏切を渡って駅の西側を少し歩きました。
商店街のアーケードから気になるものが見えたのでそちらへ。
さびてかすれた看板に阪急石橋市場の文字があります。

080914ishibashi10
その背後には大きな下見板張りの建物。
随分前からありそうです。
この小路は今は飲み屋街になっています。

080914ishibashi12
建物の脇には狭い通路があり・・・

080914ishibashi11
裏には隠れた路地がありました。

どこか謎めいた石橋かいわいです。

|

« 青島・煙台の旅(26)青島八大関をさまよう | トップページ | 大阪大学の五角窓 »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/42501597

この記事へのトラックバック一覧です: 石橋の下見板の建物:

« 青島・煙台の旅(26)青島八大関をさまよう | トップページ | 大阪大学の五角窓 »