« 青島・煙台の旅(21)青島の奇怪な官邸 | トップページ | 青島・煙台の旅(23)青島の家と海を眺める公園 »

2008年8月30日 (土)

青島・煙台の旅(22)青島の石畳の街

080525xiaoyushan1
青島迎賓館を出た後は、別荘地の八大関をめざしました。
といっても途中の道も見落とせません。
青島迎賓館の下は、坂の多い丘陵地で、古くから庭付きの住宅地です。
黄県路の角でこの家を見かけました。

080525xiaoyushan2
植物模様の入った古そうな門扉です。

080525xiaoyushan3
向かいの角の雑貨店。狭いところで頑張っています。

080525xiaoyushan5
黄県路は石畳の味のある道なので、少し遠回りですがこちらの道を下りました。
1984年、リー・リンチェイ主演の映画「中華英雄」(ファイナル・ファイター/鉄拳英雄)がこの通りで撮影されたそうです。私は見たことがありませんが。

080525xiaoyushan4
門の上のレリーフ。
唐獅子牡丹でしょうか。

080525xiaoyushan6
道も塀も建物も同じ材料でできているような色合いです。(もちろん建物は違いますけど)

080525xiaoyushan7
塔屋のある家。

080525xiaoyushan8
同じ家です。
ゲーム盤を連想してしまいました。

080525xiaoyushan9
そろそろお昼なので、坂を下りきった龍口路のあたりで、流行ってそうな店に入りました。
この店はサンプルとして、セットされた材料を並べています。面白いやりかたです。これなら、知らない料理を頼んでも失敗が少なそう。

080525xiaoyushan10
私はインゲン豆のエビソース炒め(蝦醤芸豆)を頼みました。1皿12元(180円)
見た目よりおいしいのですが、一人で食べるといろいろ頼めません。1皿でいろいろ材料を使っている料理を・・・と考えてしまいます。
やっぱり青島ビールもいただきました。

青島迎賓館は素晴らしいのですが、私にはこれぐらいのまち歩きが合っている気がします。

○参考資料
 魯海『老街故事』、2003年、青島出版社

|

« 青島・煙台の旅(21)青島の奇怪な官邸 | トップページ | 青島・煙台の旅(23)青島の家と海を眺める公園 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/42322517

この記事へのトラックバック一覧です: 青島・煙台の旅(22)青島の石畳の街:

« 青島・煙台の旅(21)青島の奇怪な官邸 | トップページ | 青島・煙台の旅(23)青島の家と海を眺める公園 »