« 新潟まち歩き(17)信濃川クルーズ | トップページ | 新潟まち歩き(19)石油王の迎賓館 »

2008年5月31日 (土)

新潟まち歩き(18)砂丘をサイクリング

080505cycle1
新潟ふるさと村に到着したわけですが、時間の関係でふるさと村はパスして、自転車で帰ります。
にいがたレンタサイクルは使い勝手がよく、市内20ヶ所のステーションのうち、自転車をどこで借りてどこで返してもいいんです。私は新潟グランドホテルで借りましたが、駐車場がステーションになっている場合もあってユニーク。料金は3時間100円、以後1時間100円と格安です。

080505cycle2
左岸の広い河原をもと来た方向に走り出しました。爽快。

080505cycle3
なかなか渡れる橋がないので、平成大橋まで戻って右岸に渡りました。


大きな地図で見る
もともとこのあたりを走ってみたいなと思ったのは、地図を見ていて、数kmにわたってうねうね続く道、しかも林に囲まれた道が気になって、どんな風になっているのか見に行ってみたかったからでした。恐らく防風林のある旧集落が古い砂丘上に並んでいるのではないかなあという推測です。

080505cycle4
川を渡ったところにある鳥屋野の旧集落。鳥屋野神社の近くです。道は入りくんでいます。

080505cycle5
立派な蔵がありました。このあたりは、蔵の上に大きな屋根を架けるんですね。屋根との間に隙間が開いているようにも見えました。

080505cycle6
うねうね道を走り出すと木杭の列が。博物館で、「はさ木」を見たのですが、それに近いものでしょうか。昔、低湿地だった新潟の田では、並木を植えておいて、そこに棒を渡し、稲束をかけて乾燥させていたそうです。そういう並木を見たかったのですが、今回は見られませんでした(車窓からはそれっぽいのを見た気もします)。

080505cycle7
屋敷林はたいてい松でした。
防風林というだけではなくて、砂丘が動かないように固定する意味もあったかもしれません。

080505cycle8
道に沿って、煉瓦塀もありました。

080505cycle9
それぞれの屋敷は深い屋敷林に囲まれています。門柱がちょっと近代っぽい。

080505cycle10
ところどころ、こんな蔵もあります。新潟の蔵は、立派な蔵です。

うねうね道はやはり想像したような道で、ゆるいアップダウンがあり、車通りは少なく、サイクリングするにはいい道でした。ところどころ、大きな道を横断するために迂回しなければいけませんが。こういうところ、サイクリングコースにしたらいいなと思いました。地元の人には迷惑かな。

080505cycle11
さて、ここまで来たので少し寄り道して、鳥屋野潟を見に行きました。今では少なくなった潟の一つです。湖岸(潟岸?)には桜並木があり、桜の季節は美しそうです。

080505cycle12
湿地帯には多くの水鳥がいました。
朝方、夕方などとくに情緒がありそうです。

このあと新潟の町に向かって一直線に北上、ミニミニサイクリングを終えました。


|

« 新潟まち歩き(17)信濃川クルーズ | トップページ | 新潟まち歩き(19)石油王の迎賓館 »

国内旅行」カテゴリの記事

自転車旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/41376180

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟まち歩き(18)砂丘をサイクリング:

« 新潟まち歩き(17)信濃川クルーズ | トップページ | 新潟まち歩き(19)石油王の迎賓館 »