« 「まちかどの近代建築写真展 IN 大阪III」始まる | トップページ | 桜並木の桜井住宅地(箕面市) »

2008年3月18日 (火)

下呂の鉄橋

071010gero1
下呂温泉の街を旧街道に沿って南に向かうと、古い鉄橋がありました。
六ツ見橋といいます。鉄骨に「株式会社大阪鐡工所製作 昭和6年」のプレートが溶接されています。(大阪鐡工所は今の日立造船)

高山の話をしたときに、鉄道の開通が昭和9年と書きましたが、下呂まで鉄道が来るのは一足早く昭和5年です。翌年に架かった鉄橋なわけで、鉄道の到来に合わせて開発が進んだのでしょう。

071010gero2
当時の橋柱も残っています。
時代の雰囲気濃厚なデザイン。

071010gero3
当然、橋に続く道路は主要な道路だと思われます。
面白いのが、街路樹に桜が植えられていて、アーチを描くように道をまたいでいることです。
お辞儀をしているようにも見えます。

071010gero4
あと一つ、近代の雰囲気を持つものに、下呂市森の牧医院がありました。
これも旧街道沿いです。外壁に縦の板が貼られて、白いペンキを塗っています。
庭木でよく見通せません。

071010gero5
窓はこんな感じ。壁は白、窓枠や柱は茶色にすっきり塗り分けられています。軒下が板張りで白いペンキ塗りなのが洋風らしい感じ。でも屋根は瓦です。

温泉街とはまた違った、下呂の落ち着いた風景です。

|

« 「まちかどの近代建築写真展 IN 大阪III」始まる | トップページ | 桜並木の桜井住宅地(箕面市) »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/40541292

この記事へのトラックバック一覧です: 下呂の鉄橋:

« 「まちかどの近代建築写真展 IN 大阪III」始まる | トップページ | 桜並木の桜井住宅地(箕面市) »