« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月12日 (火)

写真の歴史×歴史の写真

080211shashinnobijutsu
この2日で3つの写真展を見てきました。
そのうち2つを紹介します。

ひとつ目は大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室の「写真の美術×美術の写真」展。
昭和初期の大阪の写真家の作品から現代の写真までです。

昭和初期の写真は前衛的な作品が多くありました。見たまま写すのでは芸がないと思うのでしょうか。いろいろ実験的な試みをしています。ドライアイスが消えていく様子を写して、時間の経過を記録した写真や、描かれたものと写されたもののズレを写した写真などもあります。
個人的な感想は、頭でいろいろ考えているけれど、どうも頭先行で・・・という感じがしました。

むしろ現代の作品の方が好もしく思いました。
気に入ったのは、杉本博司さんの長時間露光の作品。ひとつは映画館内で映画を上映中、ずっとシャッターを開きっぱなしで撮影した作品です。映画の光を捉え続ければ白い光となる・・・という理屈はあるようなのですが、理屈をさておいても、静かに美しい。なにより、被写体がアメリカやカナダなどのクラシックな映画館で、その装飾のぜいたくさに驚きます。なんだかスクリーンが申し訳なさそうに見えてしまうぐらい。建築好きなら見入ってしまうはず。
もうひとつも杉本さんの海や湖を長時間露光した作品。水面と空が上下半分ずつでそれ以外は何もない静かな世界です。波の重ね合わされた波が広がり、水平線がかすむ魅力的な静けさです。

他には、大勢のエレベーターガールで有名な、やなぎみわさんや、王女に扮した森村泰昌さんの、大画面の作品も展示されています。

大阪に偏った内容ではありますが、写真史の一辺を見ることができた写真展でした。
3月23日まで開催中です(水曜休み)

080211kinenshashin

ふたつ目は天神橋ギルドギャラリーの矢田淳子写真展「記念写真」展です。
何かのルールに基づいて写真を撮る場合、ルールは明快な方がいいと思います。この写真展の場合は、「記念写真を撮った場所で、同じ人の写真を撮る」です。シンプル。いずれも2人の写真で、それは親子であったり、兄弟姉妹であったりします。もとになった記念写真、そして新たに撮った二人の写真がペアで収まっています。いわば2人の歴史の写真。

作品自体はシンプルなものですが、頼んで記念アルバムを見せてもらい、写っている人を確認し、場所を確認し、本人に来てもらい、現地に行って撮影という作業があるはずです。記念写真を囲んで話に花も咲くでしょうし、撮影場所が変わっていること、変わっていないこと、2人の関係などにも思い至るはずです。照れもあるでしょう。そんなこともひっくるめてのもうひとつの記念写真。十分に「あったまって」撮られた写真はいい表情をしています。1枚の記念写真の外に派生するもろもろのものも含めた写真家の企てなのでしょう。写真の可能性を感じさせてくれました。
(出発点は頭であっても)頭だけで撮った写真より、私はこういう写真の方が好みです。

こちらの写真展は2月24日(日)まで。18日は旧廊。
13〜20時。金・土は〜21時。日は〜18時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

「アトリエインカーブ展」

080203incurve1

天保山のサントリーミュージアムで最終日に、「アトリエインカーブ展」を見ました。
アトリエインカーブというのは、大阪にある知的障害者のアートスタジオですが、その作品は「温かい目で見る」対象ではなく、普通にアートとして通用するものです。アウトサイダー・アートとも呼ばれるとか。彼らの作品は、日本の美術館では初めての公開だそうです。

今回は5人の作家の作品で構成されていました。
それぞれに個性が際立っていて鮮烈です。

○寺尾勝広さん
 鉄骨でぎっしり組まれたような画面を、+○△などの記号が埋め尽くしています。その執拗さにはめまいがするほど。一見、抽象絵画ですが、なんとなく具象の形が浮かび上がってきたりします。離れたり、近づいたりするといろいろな見え方のする不思議な絵です。

○武田英治さん
 商品パッケージの説明書きをデフォルメしたような作品。知的障害者の作品には、独特な再構成の世界があって面白く思います。例え手本をもとに描いていても、個性をもった形に変容されています。なおかつ一貫性があるのがすばらしい。

○湯元光男さん
 私はこの方の作品が一番気に入りました。フリーハンドで描かれた建物や動物が、モザイクのように塗り分けられています。その色づかいは思いがけないものですが、不思議と心地よさがあって、作品ごとに異なったトーンを示しつつ、一貫性もあります。センスでしょうか。

○新木友行さん
 この方は手法的には湯元さんと似ています。でもこの方は格闘技が好きなのか、どの作品も組み合う2人の人間。プロレスの技をかけている姿は、二者一体のものとして見ると面白い造形とも見えるのかもしれませんが、それに作家の個性的なデフォルメが加わって独特の表現になっています。

○吉宗和宏さん
 この方は他の方と対照的に、にじみを生かしたミニマルな表現です。微妙なさじ加減。

アトリエインカーブは、各種グッズへの展開にも力を入れていて、作品はポストカードはもちろん、Tシャツ、バッグ、時計、ブックカバー、タペストリー、バッジ、パズルなどになっています。ちょっと残念だったのは、商品の元作品が古い作品のようで、今回出品されていた湯元さんの作品は商品になっていなかったことです。仕方ないのでしょうが。

今回の作品はそれぞれに個性が強く、非常に見応えのある作品展でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

阪南の豪華な村役場

080128ozaki1
仕事で阪南市の尾崎(南海本線)に行きました。
駅からちらっと近代建築らしいものが見えたので10分間のミニ探訪。
尾崎の旧市街は駅の西側に広がっています。その向こうは海。西本願寺の尾崎別院など、寺院の大屋根がいくつもそびえ、豊かな集落だったのではと思わされます。西本願寺の別院は、大阪にはあと北御堂と堺にしかありません。建設会社の錢高組はここ尾崎村の宮大工がルーツだそうで、1705年の尾崎別院落慶をもって創業としています。

駅から見えた近代建築は、尾崎住民センターでした。
かつての尾崎村役場です。「村役場」という言葉からイメージされるより、かなりモダンな建築。
軒下には連続模様が連なり、壁面にはスクラッチタイルが貼られています。3階や入り口ひさし部分が増設されていますが、基本部分は元のままのようです。

この建物は昭和5年(1930年)に建てられました。建設費は地元有志の寄付金等で賄われ(役場の建設費を寄付するなんて驚きますね)、建設はやはりというか、錢高組によって請け負われたそうです。
当時の泉南では類を見ない豪華さも、寄付金だからこそでしょうか。おかげで、この建物はのち尾崎町役場、南海町役場、阪南町役場となって、1975年まで役場として使われていたとのことです。

ちなみに尾崎村のかつての産業は、綿織物、漁業など。周辺では、和泉砂岩の切り出し、瓦造り、砂糖製造などもあったようです。

080128ozaki2
近寄ってみると、元の玄関の痕跡があります。
これも唐草模様の変形なのでしょうか。かなり整理された模様になっています。
今回は時間がありませんでしたが、住民センターですから、中も見ることができるのではと思います。


このところ仕事でもプライベートでもあちこち出かけていて、映画も観ているので、書くことはあるのですが、あまり書く時間がとれません。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »