« 第1回高野街道まつり | トップページ | 獅子よたび »

2007年10月21日 (日)

宮の浦と大山祇神社

071007miyanoura1
しまなみサイクリングでは、大三島の宮の浦に泊まりました。
かつての大三島町の中心地、2005年に合併して今治市です。
「宮の浦」はその名の通り、「神社のある入り江」で、神社とは大山祇(おおやまづみ)神社でしょう。島なので、昔、といってもつい最近までは海が玄関口ですから、港は神社の表玄関ということになります。そんな港の第一埠頭は神社風です。ユニーク。

071007miyanoura11
港に建つ商工会館も日本建築風。

071007miyanoura2
港から大山祇神社までは、参道が続いています。
参道にはこのような建物が並びます。これは酒屋さん。
表の木部はベンガラ塗りで、ちょっとあでやか。
これも神社を意識してでしょうか。

071007miyanoura3
深い軒下に床が張り出しています。
通りゆく参詣客を眺めながら憩っていたのではないでしょうか。

071007miyanoura4
洋風の装いをしている棟もあります。
両開きの木製雨戸が町家には珍しいか。
建物本体は和風なんですけどね。

071007miyanoura5
古い官公署風の建物もあり。
今は使われていないようです。

071007miyanoura6
海の町らしく、波か帆の形をした棟飾りを乗せた家がありました。
ここは港町ではあっても漁村ではなく、海の宿場町または海運の町ではないかと思います。

071007miyanoura7
岩山に囲まれたふもと、川の先にある杜が、大山祇神社です。

071007miyanoura8
大山祇神社には、クスノキの巨木群があり、天然記念物に指定されています。

この神社は歴史が古く、伊予一宮の格の高い神社で、説明には日本総鎮守をうたっています。
祭神の大山積大神は海上安全の神様だそうです。
源義経奉納の鎧をはじめ、武将の奉納した武具で有名らしいですが、時間がないので、今回はパス。

071007miyanoura9
とくに説明はありませんが、この神社は背後の岩山とも関係がありそうです。
古い神社ほど、地形的に特異な場所にあるので。

071007miyanoura10
もちろん海とは関わりが深く、棟飾りには波が渦巻き、紋の「三」も波打っています。

海に関わる神社があることで、いっそう海に近い宮の浦でした。

|

« 第1回高野街道まつり | トップページ | 獅子よたび »

国内旅行」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/16823011

この記事へのトラックバック一覧です: 宮の浦と大山祇神社:

« 第1回高野街道まつり | トップページ | 獅子よたび »