« 名張の水路 | トップページ | 名張のお店はもてなし好き? »

2007年8月26日 (日)

名張の街並み

070818nabari8
名張は初瀬街道の宿場町です。
初瀬街道は大阪側からみると初瀬(長谷)寺を通って伊勢に向かう道。
街道は名張の街をクランク状に通り抜けています。
上の写真は新町の街並み。

Nabarimap
<名張中心部の地図>

070818nabari9
旧市街の中心は、この宇流冨志禰(うるふしね)神社の鳥居がある交差点です。(分かりにくくてすみません)
この写真は北向き。初瀬街道は右から来て正面に向かいます。左手には大正11年(1922年)に開通した伊賀鉄道の名張駅(のち西名張駅)が1964年まであったそうです。昭和5年(1930年)に参宮急行電鉄(今は近鉄)の名張駅ができるまでは名張の表玄関だったようです。

070818nabari10
鳥居から宇流冨志禰神社に向かう道には唯一のアーケードがあります。
表通りだったのでしょうね。
今は空き地が広がって不安定な感じ。

070818nabari11
本町通りにはこのような大きな商家が並びます。
ここは大和屋という羊羹屋さん。

070818nabari111
初瀬街道筋の所々には、その付近の昔の写真が掲示されています。
その場にあるというのがポイントで、ありがたい配慮です。

070818nabari12
町家は奥に長く、裏には庭があります。
これは新町の町家。

070818nabari13
高台には名張藤堂家邸跡があります。
一部が残るのみですが、けっこう広い邸です。

070818nabari14
今回見た中で一番気に入った洋館はこちら。
シュロの木があって、お医者さんらしい。
お隣の米屋さんで聞いてみると、やはり、以前は耳鼻科のお医者さんをされていたそうです。大正時代の建築だろうとのこと。

070818nabari15
正面から。西日が強くて、これ以上下がって撮れませんでした。
この元耳鼻科があるのは元町通りで、映画館などもあるモダンな通りだったようです。

070818nabari16
元町通りには、3階建ての写真館「川地写真館」もありました。
そびえるような建物です。大正10年の木造モルタル塗り建築で、当時は2階屋上にテラスがあったそうです。昭和35年頃に内外装を改修、昭和45年には正面部分をタイル張りに改修したとのことです。元々は正面玄関にガラスの三角庇、窓枠はアーチ状だったらしいのでかなり印象が違います。

070818nabari17
写真館のてっぺんには鳩(の形の瓦)。
当時の店主の好みなのだとか。
なかなか楽しい建物です。
残念ながら現在は写真館ではなく、住居として使われています。
(※2008年6月20日に登録文化財に指定され、いろいろ情報が出ていましたので追記しました)

名張は近代の洋風建築はあまりなく、和風建築がほとんど。
街道筋には和菓子屋、酒屋、料亭などが見られ、松崎町のあたりは宿屋だったようです。街の西の方に行くと製材所が多く見られます。

|

« 名張の水路 | トップページ | 名張のお店はもてなし好き? »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/16246289

この記事へのトラックバック一覧です: 名張の街並み:

« 名張の水路 | トップページ | 名張のお店はもてなし好き? »