« 松江の銀行建築 | トップページ | のきらんま? »

2007年7月 7日 (土)

地元素材の擬洋風(松江・興雲閣)

070412kouun
今回ご紹介するのは、松江城二の丸に建つ、興雲閣です。
明治36年に工芸品陳列所としてオープンしましたが、その実、明治天皇の山陰巡幸の行在所として建てられたそうです。でも巡幸は中止になり、代わりに皇太子(のちの大正天皇)が滞在、それに合わせて改修されたそうです。
以後、展覧会場や教育委員会の事務所に使われ、昭和48年以降は松江郷土館になっています。

070412kouun2
入り口の車寄せ部分。
建築としては擬洋風建築で、県の技手が設計したと推定されるそうです。
石材などは地元のものが使われています。

070412kouun3
さらに拡大。柱を支えるのは、松江から近い、大根島の島石ー多孔質で黒色の玄武岩質安山岩です。こんなに穴だらけで大丈夫なの?と思いますが、壁や柱を支えているので、強度は十分なのでしょう。床面には来待石が使われています。松江らしい取り合わせです。

070412kouun7
床下の換気口は吉祥模様の分銅をかたどっているようです。
このあたりの部材も大根島石。

070412kouun4
こちらは2階部分。車寄せの真上です。ここは拝謁所として使われたそうです。

なお、郷土館には、昔の貴重な写真などが展示されていて、参考になりました。
白潟の大火や、のち住宅地になった競馬場の写真、橋の模型などを見ることができました。

070412kouun5
2階のベランダ部分。かなり密に持ち送りを入れています。
隣は松江神社。

070412kouun6
瓦屋根には千鳥破風。懸魚までぶらさがって和風ですが、換気口の○と波紋模様?は洋風ですね。

070412matsuejo
さて、松江城まで来たので天守閣にも登ります。
天守閣は1607年の築城当時のものらしいです。

070412georama
天守閣は他のお城と同様、博物館になっています。街歩きする人に参考になるのが、昭和34年当時の街並みを記録した巨大なジオラマ。映画館の位置や当時残っていた建物などが分かり、非常に参考になると思います。
江戸時代のジオラマもあります。

県立博物館は出雲に移転してしまいましたので、松江の街歩きの参考になるのは、松江郷土館と松江城天守閣の2ヶ所だと思います。

|

« 松江の銀行建築 | トップページ | のきらんま? »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/15643088

この記事へのトラックバック一覧です: 地元素材の擬洋風(松江・興雲閣):

« 松江の銀行建築 | トップページ | のきらんま? »