« 住宅になった公園 | トップページ | 松江の銀行建築 »

2007年7月 1日 (日)

松江堀川めぐり

070412hori1
今回はいつもと違って(?)表の観光です。
松江といえば水の都。堀川めぐりを紹介しないといけません。
松江城の内堀、外堀をぐるっと回る形で屋形船が運航されていて、途中3ヶ所の発着場があります。料金は1,200円ですが、1日乗り放題というありがたい設定。

上の写真はカラコロ広場発着場です。
船は15分間隔で運行されています。

070412hori2
船には靴をぬいで乗り込みます。大阪のアクアライナーと比べると、船も小振りなら、水路も小振り。しかしながら、同様に屋根が下がる機構がついています。ここまで下がるので、床に伏せないといけません。ちょっと楽しい。

路線の東半分は民家の裏を通ります。昔は「裏」ではなかったはずですが、船を通すことになったときは反対もあったそうです。今は、船から見えるように、窓際にぬいぐるみをディスプレイしている家もあります。

070412hori3
到着したのは大手前の発着場。ここから松江城に入れます。

070412hori4
こちらは路線の西側。緑豊かな水路を走っていきます。

070412hori5
そして、もう一つの見所がここ。
狭い水路をくぐり抜けます。
ほんとうに狭いでしょう?

堀川めぐりは今年で10周年を迎えるそうです。
神戸出身の市長が、この堀川を生かさないのはもったいない!と始めたそうです。
細々と始めた遊覧船も今ではかなりの船が走っています。

また、楽しいのが船頭さんの解説。
報酬は出るようですが、ボランティア的に運営されていて、例えば、最初に乗ったときの船頭さんは居酒屋のご主人でした。基本的な解説はあるものの、それぞれ方の個性的な解説が入り、特技の歌を披露する方もいたり、何度も乗る楽しみを用意してくれています。

次に来たときもきっと乗ってしまうと思う堀川めぐりでした。

|

« 住宅になった公園 | トップページ | 松江の銀行建築 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/15609983

この記事へのトラックバック一覧です: 松江堀川めぐり:

« 住宅になった公園 | トップページ | 松江の銀行建築 »