« 夕陽の街・松江 | トップページ | 松江堀川めぐり »

2007年7月 1日 (日)

住宅になった公園

070616shimizu1
この写真、何だと思います? この家は今回のテーマに関係ありません。

以前に取り上げた“大正期の公園を求めて”シリーズ。
あと1つの公園が残っていました。どう見ても期待できないから後回しになっていたのですが、確認のために出かけてきました。やはり跡形もありません。
そう、この写真のあたりが清水谷小公園の跡と思われるのです。

大正6年開園で、面積は803坪。大阪市内で6番目の公園です。

070616shimizu2
もう少し右を向くと位置が分かります。
右は清水谷高校のグラウンドです。

070616shimizu3
グラウンドの北側に、大正期の公園によく見られるシュロの木が生えていました。

070616shimizu5
グラウンドの公園側(西側)には、石材が無造作に積んであります。
もしや公園の一部もここに・・・

070616shimizu4
公園跡のすぐ外側にはこういう昔ながらのお店がありました。

さびしいラストですが、今回はこのへんで。
これに懲りず、残りの明治・大正の公園、昭和初期の区画整理公園も追ってみようと思います。


(追記)
大正天皇即位御大礼事業の6公園は、家屋密集地に整備されたそうです。(2008.11.3記)

○大阪市内の明治・大正期の公園
 1.住吉公園(明治6年)「大阪で最初の住吉公園」
 1.天王寺公園1(四天王寺)(明治6年)
 3.中之島公園(明治24年)
 *.天王寺公園2(明治42年)
 4.日本橋街園(大正5年)「御蔵跡の公園へ」
 5.築港遊園地(大正6年)
 5.清水谷小公園(大正6年)「住宅になった公園」(今回)
 5.北野小公園(大正6年)「閉じられた公園」
 5.西野田小公園(大正6年)「神域になった公園」
 9.九条小公園(大正7年)「大正期の公園を求めて」
 9.阿波座小公園(大正7年)「学校になった公園」
 9.御蔵跡小公園(大正7年)「御蔵跡の公園へ」
 12.西九条小公園(大正8年)「大正期の公園を求めて」
 13.木津小公園(大正11年)「ショールームになった公園」
 13.新世界街園(大正11年)
 15.桜宮公園(大正12年)
 15.扇町公園(大正12年)
 15.市立運動場(大正12年)
 15.恵美須町街園(大正12年)
 19.大手前遊歩道(大正13年)「大手前遊歩道」
 20.福島公園(大正14年)

|

« 夕陽の街・松江 | トップページ | 松江堀川めぐり »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/15609623

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅になった公園:

« 夕陽の街・松江 | トップページ | 松江堀川めぐり »