« 松江堀川めぐり | トップページ | 地元素材の擬洋風(松江・興雲閣) »

2007年7月 2日 (月)

松江の銀行建築

070412karakoro0
今回は銀行建築です。
お堀越しに建つこの建物は、旧日本銀行松江支店。設計者は長野宇平治なので正統です。昭和13年に建てられました。

平成12年からはカラコロ工房として、体験型の観光スポットになっています。

070412karakoro1
もうちょっと近寄ってみましょう。
窓の格子の模様などかなり幾何学的。

070412karakoro3
内部は銀行の空間そのままに、工房や店舗をはめこんでいます。窓口などもそのまま。

070412karakoro2
2階からみるとこんな感じになります。

070412karakoro4
階段室。大理石が張り回されています。
大理石はまだぴかぴか。あまり使ってなかったのでは?

070412karakoro5
地下の金庫室も見ることができます。
さすがに分厚い扉。
内部はギャラリーに使われています。

070412karakoro6
金庫はアメリカ製でした。
運んでくるのがたいへんそう。

070412sangou1
続いては山陰合同銀行北支店(旧八束銀行本店)です。
角の丸みや窓と窓の間の飾りなど、親しみやすく感じるのは、大正15年という時代のせいか、民間の銀行のせいか。たぶん両方なんでしょうね。

070412sangou2
大正らしい窓間の飾りです。

070412shimashin
次はしまね信用金庫旧本店。
駅前の通りにあります。
こちらは昭和元年の建築です。
「おいしそう」と思う感覚は間違っているでしょうか。
左上の窓がアンバランスに大きいのは頭取室なのかも。

070412shimashin2
拡大してみました。
窓の間に控えめに花の模様が入っています。
大正から昭和への過渡期という感じがします。

(追記)うんせきブログさんの記事で、2007年10月にしまね信用金庫旧本店が解体されていたことを知りました。好きなタイプの建物だったので残念です。(2008.7.7記)

070412daisan
最後にこれも銀行建築です。
明治35年に土蔵造で建てられた旧第三国立銀行松江支店(かげやま呉服店)です。
むしろ呉服店の方がぴったりのような気がします。

まだ他にも銀行建築があったそうで、かつての豊かさがしのばれます。

|

« 松江堀川めぐり | トップページ | 地元素材の擬洋風(松江・興雲閣) »

国内旅行」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/15622375

この記事へのトラックバック一覧です: 松江の銀行建築:

« 松江堀川めぐり | トップページ | 地元素材の擬洋風(松江・興雲閣) »