« 出雲大社境内 | トップページ | ヴォーリズ建築のカフェ(京都) »

2007年5月30日 (水)

出雲市今市の用水路

070411izumoshieki
出雲市の中心部は、今市という町です。
玄関にあたるJR出雲市駅は高架化されて、両側(写真は南側)に広い駅前広場が取られています。
こちらに泊まったのですが、工場の作業服を着た人たちと多くすれ違いました。

070411izumo2_1
駅前こそ新しいものの、商店街に入るとこのような豪快な商家が並んでいます。かなりの奥行き、そして高さ。この豊かさをもたらしたものは、繊維産業なのでしょうか。今市というからには、“古市”があるはずですが、まだ確認していません。

070411izumo3_1
商店街に平行する通りに、酒蔵がありました。
旭日酒造の大正15年の酒蔵か。
かなり大きな酒蔵です。

070411izumo5_1
旧市街の北側に接して、ジャスコと専門店の入るショッピングセンター「パラオ」があります。テナントは、先ほどの商店街の店が入っているとのこと。典型的なパターンです。
この町唯一の映画館(2スクリーン)もこの中にあります。
来年にはさらに北に大型のショッピングセンターができて、10スクリーンのシネコンが入るそうです。これも最近のパターン。

070411izumo6
旧市街の北(パラオの手前)には、江戸時代につくられた人工の用水路「高瀬川」が流れています。高瀬舟が使われたので高瀬川の名になったといいます。京都の高瀬川は、水面が高いから“高瀬”川になり、そこで使われるから高瀬舟と呼ばれると思うのですが、船を介して地名が転写されたとしたら面白いことです。

この川は出雲大社駅の記事で紹介した砂丘地帯の開拓のために、斐伊川から12kmにわたって引かれたそうで、出雲大社に向かうバスから、この川が別の自然の川を越える面白い光景も見られます。

今市の高瀬川沿いは、ちょっとした観光スポットになっています。
ちなみに写真の左にある長田染工場は明治初期の建物です。

070411izumo7
高瀬川を遡るように歩いていくと、こんな写真館がありました。
ちょっとアンバランスな感じですね。でも洋館へのあこがれは伝わります。旧加藤写真館で、大正12年に建てられた、木造の洋館風建築だそうです。

070411izumo8
斐伊川のそばには大津という昔の宿場町があります。
名前からして川の港だったのでしょう。

大津と今市の間には「大正」という地区があります。文字通りにとれば、大正時代に開発された地区。
古い木造の工場があったので、近くの人に聞いてみると、旧カネボウの建物だそうです。数年前に撤退して、今は産廃業者が入っています。昔は女工さんたちで賑わい、集団でジョギングする姿も見られたとおっしゃっていました。このほか、今市には、大和紡の出雲工場(出雲製織(株))、出雲グンゼ(郡是製糸(株)今市工場)もあり、大正時代の木造工場建築が残っているそうです。江戸時代来の雲州木綿、斐伊川の水、そして労働力の条件が重なって繊維産業が集積したようです。

070411izumo9
これが大津の街並みです。斐伊川側から見た写真。
大津にも本町・中町・元町という地名がありますので、立派な町といえます。
宿場町で本陣の建物も残っています。
もう一本左手の道が旧道なのかもしれません。

070411izumo11
斐伊川の土手です。取水口があり、水路に水が導かれています。
これは高瀬川ではありませんが。

070411izumo10
斐伊川に着きました。河原も含めるとかなりの川幅です。
正面に見える橋は、昭和13年の神立橋。全長417mのゲルバー式鉄筋コンクリート桁橋とのことです。

|

« 出雲大社境内 | トップページ | ヴォーリズ建築のカフェ(京都) »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/15250698

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲市今市の用水路:

« 出雲大社境内 | トップページ | ヴォーリズ建築のカフェ(京都) »