« 2つの旧英国領事館(下関と長崎) | トップページ | 路地の物干台 »

2007年4月23日 (月)

見せる魚市場(下関・唐戸)

070310karato1_1
ここはどこか分かりますでしょうか。
向こうに見えるのは関門海峡、そして関門橋。
そして、ここは・・・唐戸市場の屋上です。

070310karato2_1
唐戸市場は魚主体の卸売市場なのですが、今や観光地となっています。
下関には他に有名な南風泊の市場があり、ふぐ(ふく)の卸売はそちらだそうです。
昭和8年に始まり、平成13年に建て替えられたこの市場は、2階がこのようにガラスの通路になっていて、市場が眺められるようになっています。一般客が買い物をすることもできますし、2階には観光客向けの食堂街もあります。
仕事先の方に、「下関に泊まるなら唐戸市場で朝ご飯を食べたらいいよ」とお勧めいただいて、ここに来たのでした。
すごく流行っている店があったのですが、朝ご飯に並ぶ気が起こらず、隣の空いている店でカレイの煮付けなどをいただきました。おばちゃん2人で切り盛りしているお店です。朝日を浴びながらごはんを食べていると、他のお客さんは渡ってくるとき寒かったなどという話をしていましたので、門司側から通っている人もいるみたいです。

070310karato3_1
もともと行政地区だったこの唐戸は、今は門司と一体的に観光地化しています。
行政地区の名残としてまだ留まっている市役所は、JR下関、新下関、幡生(JR下関と新下関の間)などに移転の話があるそうで、地元では反対運動をしていました。
私は回れませんでしたが、昔の中心地なので、唐戸にはまだたくさん歴史ある建物があるようです。
観光地として整備されるにしても、せっかくある遺産は活かしてほしいと思います。

下関の紹介はここまで。
見逃したものもたくさんありますし、門司も行ったことがありませんので、ぜひ再訪したいものと思っています。


|

« 2つの旧英国領事館(下関と長崎) | トップページ | 路地の物干台 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

唐戸市場では、食堂街ではなく1階の売り場(?)でお寿司を食べました。
高級店や回転寿司とは全く異なる雰囲気も味わえて大変美味しく頂きました。

ところで、下関市役所第一別館、ご覧になりましたか?
http://www.geocities.jp/tarasuko33/bekkan.htm

投稿: ひろ009 | 2007年4月23日 (月) 22:35

ひろさんも唐戸市場で食事されたんですね。
1階の売り場というと、市場の中でしょうか。
こんなところで食べるというのも、面白いですね。

下関市役所第一別館までは足を伸ばせなかったんですよ。
ほんとに唐戸の入り口だけで。
次回の候補です。
それにしても、こんなところにもHAZEL.Aさん作品が。

投稿: びんみん | 2007年4月24日 (火) 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/14816919

この記事へのトラックバック一覧です: 見せる魚市場(下関・唐戸):

« 2つの旧英国領事館(下関と長崎) | トップページ | 路地の物干台 »