« 天下茶屋迷宮 | トップページ | 西住之江の洋風長屋 »

2007年4月14日 (土)

我孫子前から清水丘へ

070409abikomae1
先日、ぷにょさんが紹介されている西住之江の洋風近代長屋を、一度は確認しておかないとと見に行きました。
南海高野線の我孫子前駅からのアプローチで、今回はその前編です。

我孫子前は、紀州街道の我孫子道からあびこ観音に至る参道上にあるのでしょうね。
集落名は遠里小野(おりおの)で、古い農村集落と思われます。
このような豪壮なお屋敷がたくさんあります。

070409abikomae2
感心したのは、この換気扇の屋外フード。
古いはずはないのですが、銅製で火炎の文様まで入れてあり、周囲とうまく調和させています。

070409abikomae3
我孫子前から商店街を西に歩いていくと、ちょっと変わった門が目に付きました。
アールデコのシャコに見えますがシャコじゃないでしょうね。
この門からするとさぞユニークな洋館が建っていたことと思われます。惜しい。

070409abikomae4
こんな趣きのあるランプを残している会社もあります。

070409simizuoka1
あべの筋を越えると商店街は谷のように下ります。
住所は清水丘。丘と付くと近代の住宅地の感じがします。
ということで、右手の丘(?)に寄り道してみました。

070409shimizuoka2
一帯には和風の近代長屋がたくさんありました。
しかも長屋と呼ぶにはあまりに立派な家が多いようです。

070409shimizuoka3
そして公園の南側に洋風の長屋もありました。
残念ながら住んではおられないようです。

070409shimizuoka4
とくに丸窓の桟の入れ方、半円のひさしに特徴があります。

070409shimizuoka5
窓の桟や手すりはこんな感じ。
シンプルなデザインで、西住之江や堺東の洋風長屋とは別系統のようです。

070409shimizuoka6
おまけ。
中華料理のミンミンですが、“喜”の字を二つ並べる、おめでたい“双喜”の面格子を上下逆にはめてありました。“双喜到来”の意味でしょうか。

次は西住之江です。

|

« 天下茶屋迷宮 | トップページ | 西住之江の洋風長屋 »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/14672154

この記事へのトラックバック一覧です: 我孫子前から清水丘へ:

« 天下茶屋迷宮 | トップページ | 西住之江の洋風長屋 »