« 煙突のある風景 | トップページ | ターミナル・ホテル(下関) »

2007年3月14日 (水)

「上町台地・まちの記憶」展

070313maruzen

職場の近くに昨年11月オープンしたマルゼンボタンギャラリーで開催中の企画展。上町台地マイルドHOPEゾーン協議会の主催です。

上町台地に住む人を聞き書きボランティアが取材し、写真家が写真を撮り、詩人が詩にするというもの。
こういう聞き書きって意味のあることだと思いますが、もっとボリュームがあった方がいいかなあ。
新聞を見て来たというおじいさんが、「これだけなんですか?」と言って帰って行かれたのがちょっと気の毒な感じでした。

マルゼンボタンギャラリーは、ボタン屋さんがするだけあって、手芸系の企画展などをしているようです。今後もまち系の企画展をしていただけることに期待します。

|

« 煙突のある風景 | トップページ | ターミナル・ホテル(下関) »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/14256377

この記事へのトラックバック一覧です: 「上町台地・まちの記憶」展:

« 煙突のある風景 | トップページ | ターミナル・ホテル(下関) »