« ぐるっとまちじゅう博物館2006 | トップページ | 四日市の鍾馗さん »

2006年11月12日 (日)

堺東の和洋折衷住宅

061105youkan1
先週、堺東の旧天王貯水池一般公開(改めて報告します)を見に行った道すがら、近くの和洋折衷住宅を見て歩きました。
まずこの洋風近代長屋。4軒並びです。西住之江の近代長屋として紹介されているものによく似ています。
昭和初期でしょうか。

061105youkan2
とくのこの妻部分の意匠が特徴的だと思います。
アールデコ風のデザインが入ってる?
屋根は和風の瓦屋根です。

061105youkan3
しかも貸家になってます。どなたか住みませんか? 堺東駅徒歩1分ですごく便利なところです。(ちょっと勧誘) (追記)このときは貸家でしたが既に入居されています。
門柱は、スクラッチタイルを散らしてあるようで、いい感じです。

061105youkan4
こちらは同じ並びの洋風住宅。水色ペンキが童話風。
でもやっぱり屋根は日本風の瓦です。玄関の屋根だけは洋風。

061105youkan5
最後に和風住宅に洋風の増設部分。これは表通りの住宅です。
蔵のようにも見えるんですけど、何に使われているんでしょうね。

堺東の東側は、ちょっと小高くなっていて、昔は堺の街や海が見下ろせたそうですので、天下茶屋、帝塚山などと同じように郊外住宅が建てられたのかもしれません。

<関連記事>
 「堺東の洋風住宅など」(2008年4月)
 「足下の近代化遺産」(2007年6月)
 「浅香山の長屋など」(2009年10月)
 「堺市二条通〜三条通の長屋」(2009年11月)
 「借りるなら隣の方」(2010年4月)
 「洋風・和風の長屋がいっぱい」(2010年4月)
 「堺東の60年代住宅」(2010年4月)

|

« ぐるっとまちじゅう博物館2006 | トップページ | 四日市の鍾馗さん »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私も以前、ほぼ同じコースをたどりました。
但し、逆順です。

目についた建物は同じだったようで、それが面白いなあと思いました。

投稿: ひろ009 | 2006年11月13日 (月) 23:08

ひろさん、TBありがとうございます。
ほんとですね。同じ建物が気になってる。
ちなみにコースも同じ順ですよ。紹介を逆にしています。

投稿: びんみん | 2006年11月14日 (火) 00:44

すごいですね!
これが貸し家として出ているなんて。
こんな物件まずないですよね!
私が自由の身(!?)だったら、即入居なのに~

どの辺にあるのか教えて下さい。見に行きたいです。
(入居の下見ではありません)

投稿: ぷにょ | 2006年11月14日 (火) 01:25

なかなかない物件でしょう?
私も自由の身だったら、紹介する前にまず押さえます(笑)
・・・って結構自由だけど。

場所は非常に簡単で、ぷにょさんの紹介されていた堺東駅の「東口」を出てまっすぐ坂を上がれば、すぐ右手にあります。2番目の住宅はその何軒か向こう。そして、最後の住宅は平行して南側を走る道沿い(堺東駅の南の踏切の道)です。

投稿: びんみん | 2006年11月15日 (水) 02:45

こんにちは
参考にして私も訪ねてきました。
とても素敵で、現在も健在でした。
ありがとうございました。

投稿: MANAZOU | 2014年4月27日 (日) 15:08

MANAZOUさん、こんばんは。
近況のご報告ありがとうございます。
健在なのはうれしいです。訪ねた後も、今もあるのかと気になりますので。

投稿: びんみん | 2014年4月28日 (月) 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/12651829

この記事へのトラックバック一覧です: 堺東の和洋折衷住宅:

» 堺の洋風建築 [ひろの東本西走!?]
びんみんさんのブログ”日常旅行日記”で書かれていた”堺東の和洋折衷住宅”。以前、私も”堺の洋館付き住宅-2”で一部をアップしていたのですが、2人が歩いた道筋(但し、逆ルート)&注目した建物はほぼ同じだ... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 22:57

» 二戸一のお宅 [ひろの東本西走!?]
ぷにょさんのブログ”まちかど逍遙”で紹介されていた二戸一のお宅。 以前びんみんさんのブログ”日常旅行日記”で紹介されていた住宅(私も堺市中三国ケ丘町の二戸一洋風建築として紹介)、これとぷにょさんの写真... [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 23:29

« ぐるっとまちじゅう博物館2006 | トップページ | 四日市の鍾馗さん »