« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

日本映画『幸福のスイッチ』

2006年、日本、105分
監督・脚本:安田真奈
舞台:和歌山県田辺市、東京
ロケ地:和歌山県田辺市ほか

061029

テアトル梅田で、『幸福(しあわせ)のスイッチ』を観てきました。

この頃ブームのご当地映画の一本。和歌山県田辺市が舞台の映画です。自分の生まれた町なので気になって観に行くというのは、製作者の思うつぼでしょうか。他のお客さんも出身者が多かったような。地元の期待を裏切らず、梅干しやみかんや備長炭やと特産品が次々に紹介されて、基本はオーソドックスなつくりですけれど、それだけではない映画でした。

登場するのは田舎で小さな電器店を経営する頑固親父(沢田研二)と3人姉妹(本上まなみ、上野樹里、中村静香)。母親は既に亡くなっています。ヒロインは次女の上野樹里。父親に反発し、東京でイラストレーターをめざしているのですが、入院した父親の代わりに1ヵ月だけ店を手伝うことになります。

・・・という話なので、だいたいストーリーは分かると思いますが、なかなかにディテールに凝っていて、楽しく、じんとする話になっています。親子の話に、地方での大型店対地元の電器屋という構図が加わり、いかに大型安売り店に対抗して商売をするか、さらにはいかに働くかという話がクロスします。監督は10年のメーカー勤務の上、3年間取材を重ね、電器店でも働いてみたのだとか。お客さんからの頼みに実にリアリティがあります。これがみかん農家の話だったらどうだったか。電器屋に設定したおかげで、普遍的な話になっています。それでいて、おっとりした田辺弁(和歌山市あたりの言葉とも違って京言葉のような要素もあると聞きます)が和歌山の雰囲気を醸しています。

父親と三姉妹という設定で思い出すのは、台湾映画の『恋人たちの食卓』。とても好きな映画ですが、それとはまた違う味です。こういう映画はこれでいいのかなと思います。何も全て、芸術的な映画である必要もないのですから。
....

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

空き地のアート(からほりまちアート2006)

061029karahori1
いきなり何のこっちゃという写真から始まりますが、これは、からほりまちアート2006の作品の1つです。
大阪市中央区谷町6丁目界隈、いわゆる空堀の町そのものを会場に、アーティストたちが自分たちの作品を展示(一部販売)するイベントです。今年6回目なのですが、今まで日程に縁がなく、初めての参加になりました。お店の方の話では昨年より少ないそうです。でも私はこれぐらいがいいかなと思いました。のんびりした雰囲気が出るので。会場は50箇所もあって回りきれません。空堀はご存じの方も多いと思いますが、戦災を受けておらず古い長屋がたくさん残っている地域です。

冒頭の写真は、痛村竜二さんの立体作品を中から見上げたところです。

061029karahori2
こちら、外から見た写真だともう少し状況が分かるでしょうか。でもまだ説明が必要です。写真に写ってませんが、手前に黒いストローが置いてあって、これを赤いひもで囲われた奥にある、半球状の粘土(マーブル模様)に刺してください、そこからどんな景色が見えますか?という趣向です。線香を供えるような気分です。

この方は建築系の方で、他のアート系の方とはちょっと違う表現だとご自身おっしゃっていました。
この「隙間」を意識させてくれる、とくにここにはさえぎるものがないのだと気づかせてくれる、ユニークな展示でした。アーケード商店街から脇に入った路地の奥で、視界がすぽっと開けています。

今回、印象に残った作品は、いずれも空き地を使った作品でした。
一番気に入ったのが、写真は撮れませんでしたが(お願いできなかった)、エンドウサクラさんの立体作品です。同じように路地を抜けていくと、突然ぱっと開けて、子供ほどの巨大な猫の写真が置いてあってどきっとします。長屋に囲まれた中庭のような空間に、井戸があり、祠があり、そして作品としてサッシなどの廃材が積まれ、白い洗濯物が干してあり、白いテレビが置いてあります。つまりはかつて存在した家の亡霊のようなものがあるわけですが、その向こうには現実のカラフルな洗濯物が干してあるんです(作品ではありません)。さらに奥にはマンションがそびえています。見事に現実の空間を借景していました。私には気持ちのよい中庭でした。

今回、作品はこのような空き地を好んで展示スペースに使っていました。建物に囲まれた、気持ちのよいスペースです。でも、もともとは建て詰まっていた場所で、中庭は家が取り払われた結果です。
この接道条件では、「中庭」に何か建てる訳にはいかないでしょう。真ん中の土地の所有者には気の毒ですが、周りの人には快適だと思います。期せずして囲み型の住宅配置になっています。

このスペースを何かで埋めるのか、どうにか中庭として残すのか、(あるいは一体的に建て替えられるのか)その猶予の時間でアートを楽しみながら考える機会をいただいているようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

長吉長原の蔵

060930nagahara
平野区長吉長原の旧集落(駅でいうと谷町線の出戸駅)には農村らしいお屋敷が建っています。
このお屋敷はとくに大きく、二連の蔵付き。そのうち、左の蔵に丸窓が付いていました。

060930nagaharakura
丸窓の部分はこんな感じ。通気口に近いですね。
ぷにょさんの紹介された三木の蔵の丸窓私の紹介した河内長野の蔵の丸窓より素っ気ない。
2つセットはやはり決まりなんでしょうか。

060930nagahara2
このあたりは長い塀が続いていて、かつての豊かさがしのばれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

90%の駐輪場(家島本島)

061015genkan
家島本島を歩いていると、密集した中にもなくなっている家が目立ちました。そんなスペースの使い途No1は、この島では駐輪場。なによりバイクの便利な島なのです。さらに自転車、軽四なんでも止めています。町が面倒をみていたのか、自動車以外は無料のよう。

ここも家の跡の駐輪場なのですが、面白いのは門塀と玉石敷きの敷石がそのままなこと。「ただいま」とつぶやいてしまいそうな駐輪場です。

061015niwa
それだけでなくて、前庭までが残されています。庭木、庭石に灯籠、布袋さん。

061014bench
こちらは駐輪場の片隅にベンチ。
これは一般的で、たいがいの駐輪場がベンチ付きでした。同じ船で帰ってきた人がちょっとおしゃべりしてから家路につくのでしょうか。

061014ido
これは井戸。島なので、井戸が多いです。
自転車だって洗えます。

大阪の駐輪場は100%です。家島の駐輪場は90%。その10%で、どれだけ駐車場の意味合いが豊かになっていることか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

SF的な男鹿島

061014gat
再び、男鹿島(たんがじま)です。
ところで、昨日、”オブジェ”として取り上げた物体は、過去の遺物ではなくて、いまも使われています。この写真、船のクレーンから下げられたワイヤーの先端がその爪です。訪れた日はたまたま砕石の積み込みが行われていました。この島最大の産業が活動を再開しています。

061014dump
砕石を選別場から船のところまで運ぶダンプも巨大。なんだかSF映画の一シーンのように見えます。”惑星タンガ”という感じ。

061014gake
採石は島の周囲から中心部に向かって進められ、このように巨大な崖ができています。写真が小さいので、人が見えにくいかもしれませんが。

この島の石材は港湾埋め立て用の安価なもので、関西空港島、阪神淡路大震災復興、関西空港島2期と神戸空港という、関西の大型事業に石材を供給してきました。家島諸島には、西島というもう一つの石材の島もあります。おそろしいほどのスケールです。
今回、忙しく動き出したのは、大阪港で新たな埋め立てが始まったからだと聞きました。

家島諸島からは、古くは大阪築港、阪神間の港にも石材を運んだそうです。採石に関連して、海運業も派生しました。それが家島本島で見る船の密集、そして家島の繁栄につながっていました。数年前までは。

グーグルマップでみるとスケールがよく分かります。
男鹿島の衛星写真はこんな感じです。
SF的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

男鹿島のオブジェ

061014tangajima

家島本島に東には男鹿島(たんがじま)という石材の島があります。
その海岸にあるオブジェ・・・に見える放置物です。
左が砕石をつかむ爪、右は砂利をつかむショベルだと思われます。
でもアート作品に見えません?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

立体的な家島のまち

061015ieshimakou
ここは兵庫県姫路市の家島本島。
まちが立体的なのは当たり前なのですが、そう言いたくなるほどに家島のまちは縦に伸びているまちでした。
まず、姫路から高速船に乗って到着するのが、この真浦港です。家島本島には北に開けた大きな入り江が2つあり、その一つに真浦、もう一つに宮の集落があります。ともに山が海に迫っていますので、建物も港に張り付いたところから立ち上がっています。

061015ieshima2
これも真浦。どちらかというと、真浦は貨物船やレジャーボートが停泊し、船の整備工場などがある港です。工場の構内のようにも思えますが一般道。

061015ieshima_1
向こうに見えるのはドックです。クレーンが林立しています。あの上に登ったら、船でぎっしりの湾が見渡せるんだろうなあと思います。これでも昔より、船が減っているらしいです。

061015ieshima3
こちらはもう一方の宮の港。漁船が主体なので、静かな印象を受けます。こういう角度から写真を撮れること自体、まちが立体的だと思います。ちなみに写真の平たくて細長い船は、海苔用の船だそうです。

061015door
最後にちょっと驚く立体利用。このハシゴ、固定されているんですよ。なぜかなと見上げるとそこにはドアが! この家は新しそうなので、トマソンとかではなさそうです。ということは、設計段階から、このドアを描いていたんでしょうか。ちなみにこの家の玄関は、ドアを2階とすると3階にあります。

※家島で撮った写真はプロジェクトのために全て提出することになっていました。テーマが「産業」だったので、あまりに趣味に走った写真は撮っていません。全くとはいいませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

家島を探る

061015ieshima

探られる島プロジェクト2006」というイベントで、兵庫県姫路市の家島諸島に行ってきました。主要産業が採石、海運(石を運ぶ)、漁業という、ちょっと変わった島です。

例えば、船がいっぱい。漁船だけでなくて、ガット船と呼ばれるクレーン付きの砂利運搬船、高速船、レジャーボートなどが入り交じって、湾内にぎっしりです。

例えば、ビルが林立。ビルというと大げさかもしれませんが、山がちな島なので、狭い土地に3階建て以上の建物が建ち並んでいます。

島はのんびりというイメージを覆す、ちょっと忙しそうな島。姫路港行きの船乗り場の隣には広いバイク駐輪場があって、最終の高速船が着くと、姫路帰りの人たちが次々にスクーターで帰っていく様子は、郊外鉄道駅のイメージがだぶります。旅館の送迎車は車幅とそう変わらないような細くうねる道を猛スピードで駆けていきました。

いろいろと面白いこの島のことをちょこっと紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

中之島公会堂特別室公開

061013koukaidou
この週末、家島に出かけていたので更新できずにすみません。
そのご報告の前に、中之島公会堂特別室の公開について書きます。初め、こいちゃさんのブログで公開を知ったのですが、その後忘れていて、ひろさんのご報告で思い出し、昼休みに出かけてきました。ありがとうございました。
既にひろさんのところ、(ひろさんご紹介の)のりみ通信などで紹介されていて、1室だけのことですから、写真がかなり重複します。省こうかと思いましたが、ここだけ見る方もいらっしゃるので載せることにします。

最初の写真は中之島公会堂の外観です。
中央上部の巨大な半円窓の部分が、今回、特別公開された特別室です。以前は貴賓室と呼ばれていたところです。

061013stained
まずはお決まり、外からも見えるステンドグラス。
やはり透過光で見るときれいです。

061013stained2
両サイドにはクジャクの羽のような模様が下がっています。
透明ガラス部分があるので、外の景色と一体化して見えます。

061013lens
のりみ通信さんと全く同じですが、凸レンズがはまっているのが面白いなと思って、逆さの景色。しかし、凸レンズが絵画保護のためとは気づきませんでした。

061013tenjouga
主要な見所の一つ、松岡寿画伯による天井画の「天地開闢」。まだ天と地が混沌としていたころ、イザナギ、イザナミが天上から矛で下界をかき回すと落ちたしずくで、おのころ島ができ、淡路島ができ・・・という伝説です。その矛が渡される場面、まだ大地はできていません。

奥の壁画は仁徳天皇陵が高台から町を見て、民のかまどから煙があがっていないことに気づき、政治を改める伝説を描いています。ほかに古代の商業と工業の様子を示すという壁画もあります。

061013hashira
刺繍や木製ドアも見所ですが、省略。
柱に目を移すと、このように立派な大理石の柱が立っています。中は円柱、壁沿いは角柱です。白、グレー、赤の3色の大理石がきれいです。

061013yuka
壁の下の方や床についても、様々な色の大理石を組み合わせています。色を素材の色で表現している素晴らしいものです。このような石が敷き詰められています。

061013rouka
階段の側面と床も同様に大理石を貼ってありますが、こちらは大理石が一度風化して再び固まったれき岩を使っているようで、ざっくりした感じのまた違った良さがあります。1階までこれは使われています。

061013oyabashira
ついでに、階段の親柱。大正7年のオリジナルの形を踏襲しているのでしょうか。この時代、やはり階段の親柱は一つのポイントですね。

当日は来場者も多く、平日昼間だからか年代が熟年世代に偏っている気はしましたが、関心の高さが分かりました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月11日 (水)

この石知りませんか?

060902kurumadome
気になる石が2つありますので、今回は皆さんに質問です。
(その1)鞍のような石 ※解決しました
ちょっと古い町を歩いていると、車止めに石材を転用していることがあります。
石臼などもありますが、時々見かけるのがこれ。形からするとへこんだところに棒を渡して使うと思うのですが、何に使う道具なのか分からずにもどかしく思っています。
どなたかご存じないでしょうか?
ちなみにこの写真は河内天美。

051113izumisanoishi
こちらは泉佐野。

(追記)
「唐臼」というものだそうです。
「十三のいま昔を歩こう」で紹介されていました。
新之介さんに感謝です。
(2009.12.27記)

010714yuurakuishi
(その2)遊楽石
湯里住吉神社(大阪市東住吉区)の向かいにあります。神社と関係ありそうなんですが、こちらも車止めみたいに置かれています。どういうときに建てるものか、どなたかご存じないでしょうか?

051025ishigantou051025ishigantou2


質問については以上です。
泰山石敢当の話が出たので、ついでに実例をご紹介します。(あまりいい例ではないと思うけど)
新今宮の近くのアパートに据えられた泰山石敢当。オーナーが中国か沖縄系なんでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

駆け足 船場建築祭

061007shibakawa
土曜日、駆け足で船場建築祭(主催は船場アートカフェ)を見てきました。
船場の近代建築を使って繰り広げられるアートとシンポジウムのイベントです。
大阪の街を使っていろいろな活動が展開されているのは喜ばしいのですが、この時期、イベントが重なって迷う状況に。他にどうしても行く必要のあるイベントがあったので、船場建築祭はラスト1時間のみでした。シンポジウムや建物ツアーも参加したかったのに・・・

・・・と愚痴はそれぐらいにして、本題に入ります。
見てきたのは、淀屋橋の芝川ビルと北浜の伏見ビル。まずは芝川ビルから。
昭和2年(1927年)の建築です。かつては芝蘭社家政学園という花嫁学校だったそうです。エントランス部分が戦争で被災した痕跡を残していることでも知られています。詳しくは今月号の「大阪人」で酒井さんが紹介されています(タイアップ企画?)。

近づくと大勢の人が建物を撮っていました。(私もですが)

061007shibakawa2
イベントの案内が出ています。この会場では、演奏とダンスパフォーマンス。ちょうどプログラムが始まろうとする時間でした。

061007shibakawa3
建物の特徴はマヤ・インカの装飾がふんだんに取り込まれていること。とくに入り口脇のこの部屋は濃厚です。それも気になるんですけれど、この内と外の距離感、いい距離感です。窓越しに気軽に声をかけられる感じ。

061007shibakawa4
芝川ビルの階段。業務用の階段といったふう。内階段なのに鉄製なんですね。味わいがあります。
この日は階段を上がっていくと、ダンスパフォーマンスの鬼がこちらに向かってきたり、別の階段を上がろうとすると演奏者が降りてきたり、ハプニングが起こります。

061007shibahara5
こちらがメインの階段で、地下室に降りたところ。手すり、壁、階段、それぞれに落ち着いた色合いで、全体としてしっくりきています。
地下室も見たのですが、暗くして水音を流す趣向だったのでよく見えませんでした。

061007shibahara6
こちらは最上階の親柱。立派な親柱です。思わず手を載せたくなるような丸みと柔らかみ、そして落ち着き。この建物、花嫁候補生より渋いおじさんが似合うような気がするのですが。いい建物です。

061007fushimi1
続いて、伏見ビルへ。伏見ビルは大正12年(1923年)の建築。元はホテルだったそうです。お隣も青山ビルという近代建築です。

061007fushimi2
入り口には絨毯のようなタイルと緑。この角度から見たらホテルらしい。

061007fushimi3
シンメトリーに2つの階段が配されています。小さなスペースなのに。手すりの装飾はいたってシンプル。

061007fushimi4
この会場では、苔を使ったインスタレーションが行われていました。配管部分に苔を巻いているので、配管の湿気を感じさせます。また、模造紙に鉛筆書きの詩も貼られています。(いい写真がなくてすみません)

061007fushimi5
最上階まで上がると屋上があります。屋上といっても周囲のビルが高いので中庭みたいなもの。ツタに覆われたお隣の青山ビルを眺めることができます。昔はどんな景色が眺められたんでしょうね。

061007shibahara7
まだ時間があったので、もう一度芝川ビルに戻りました。
すると玄関ホールを水槽に見立ててパフォーマンス中。入れない・・・
どちらのビルも初めてだったので、パフォーマンスで自由に動けないなんて失礼なことを思ってしまったのですが、次にこのビルに入るときには、ゆったり落ち着いた気分で、そこで行われていることを眺めたいなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

この石柱の名前は?

060917tencha1
今回は気になることの質問です。
場所は天下茶屋。紀州街道沿いには古くからの家が並びます。明治の終わりに駅以南で郊外住宅が建っていったようです。(このあたりはこれから調べる予定)地図を見る限り、駅の北側は大正時代に宅地化が進んだようにみえます。

060909sekichu
道を歩いていると、行き止まりになっていそうな路地の入り口、両側に小さな石柱があるのが目に入りました。

060909sekichu2
近寄ってみると、名前と「大正五年」の表示。左の石柱も「大正五年」と書かれています。
そこで質問なのですが、この石柱がどういう役目で何と呼ばれるのかご存じないでしょうか。
ご存じの方、教えてください。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

ほとんど予測不可能な裏側

060617omote
このシリーズ、もう終わろうかと思ったのですが、もう一つだけ。
近代建築は離れます。高槻市で見かけた建物です。
この表側からどんな裏側を想像されますか?
街中にはよくあるような建物ですね。
3階建てのようでいて、3階に窓がないのが気になりますが。

060617ura
さて、裏側はこうです。
この唐突感!
道路拡幅で切らざるをえなかったのでしょうが。
目の錯覚かと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

ダイナミックな裏の顔

060618uragawa
ひろさんにお題をいただきましたので、用意していた記事に代えて、もう一つ裏の顔ご紹介を。
ちょっと主旨を外れるかもしれませんが、こういう裏側です。ごつごつとした山を見るよう。ダクトが大胆に壁をはっています。ごちゃごちゃしていると思う方の方が多いのでは? でも私は意外とこういうのもダイナミックでいいなと思っています。何のビルか分かりますでしょうか? 答えは最後に。

061003ura2
写真が1枚しかなかったので、仕事帰りに撮ってきました。
セットバックしながら徐々に折れてゆく壁面、スリットの窓、なかなかのものです。
ヒント・・・昭和9年の建築。でもこの錯綜ぶりはのちの増築かも。

061003ura3
もう一つ裏の角。そびえるような動き。


070324takashimayae
答えは、高島屋東別館(旧松阪屋)でした。
日本橋電気店街のランドマークとして、整然としたファサードを見慣れていたので、裏側を初めて見たときは、これ何の建物?と思いました。
中を探検してみたい建物です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »