« 双葉温泉の柔と剛 | トップページ | 塩飽(しわく)の休日 »

2006年7月26日 (水)

西三国の石畳

060722nishimikuni
阪急の三国駅から神崎川を渡ったところにある西三国の一部。双葉温泉のあるこの一角が気になりましたので、ついでに歩き回ってみました。この写真でいうと手前が三国橋で、通りの右側は大阪市淀川区、左側は豊中市です。軒などに銅板を張った店が並んでいます。

060722ishidatami
まず気になったのは、この石畳。扉がついていた雰囲気があります。

060722sekichu
(国?)威宣揚の文字が刻まれたコンクリート柱が倒れていましたから、昭和初期ではないかと思います。ブロックで開発された住宅でしょうか。

060722ishidatami2
石畳の道は向こうまで抜けていて、反対側からはこんな感じ。ゆったりした感じがする歩行者道です。
ここに限らず、一帯の家は、どの家も玄関先まで花崗岩の敷石があります。

060722souko
こんな倉庫もありました。周辺の川の堤防は高く、このあたりは増水時には水面下になると思われます。それで土台が高いのでしょう。倉庫自体は普通なのですが・・・

060722kaidan
階段が妙に立派です。ここまできっちり石を組むとは。

060722roji
川沿いにはどこへともなく下っていく路地もありました。

西三国のこのあたりは狭い区域ながら、敷石がよく残っていて、いい雰囲気の残る街でした。

|

« 双葉温泉の柔と剛 | トップページ | 塩飽(しわく)の休日 »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/11101407

この記事へのトラックバック一覧です: 西三国の石畳:

« 双葉温泉の柔と剛 | トップページ | 塩飽(しわく)の休日 »