« オランダの空、神戸の空 | トップページ | 残り福 »

2006年1月 9日 (月)

同窓会

060109dousoukai
※写真は内容と関係がありません

ひさしぶりに開かれた、高校のクラス会に参加しました。
10年ぶりともなると、会うのが恥ずかしい気分がかなりありました。
でも参加したのは、これも何かの縁なのかもしれないから。

というのは、昨年末に偶然仕事で同級生とつながり、初めて同窓会を知ったんです。
ちゃんとした連絡は留守電に入ったらしいんですが、何かの手違いで知らないまま。
運がいいのか、悪いのか。

参加者20人弱というと多い方?
やはりこの時勢、4分の1ほどは東京あたりに住み、あとはぱらぱら、北海道から九州まで。
それでも他地方の高校に比べたら地元定着率は高いんでしょうね。

男は変わらないものですね。数人ふっくらしているだけで。

女性は2人のお母さんが多くて、その分、違います。

高校時代は私には相当に思い出深く、存分に(というとオーバーかな。私はその頃からあまり変わってないので)高校生活を満喫しました。あまり受験に害されず。
このクラスは4月に始まって3月に解散しているわけで、夏休み、冬休み、試験休み、受験で授業は早く終わって、日数にしたらすごく少ないはずなのになんと濃かったことか。
そして、その後は18年か・・・と考えてしまいます。

先生が参加されてたんですが、私たちは初めて卒業させた生徒なんだそうです。
いろいろ考えて、卒業式を準備されたこと、初めて伺いました。

同窓会の終わった後・・・
思いがけず、わーっと心から湧いてくるものがありました。
思い出の形にならないかたまりが。高校のときに使ったきりではないかとも思われる、心の深い底から。

一つ手前の駅で降り、こじんまりした宵戎をひとまわりしてから、家路につきました。

|

« オランダの空、神戸の空 | トップページ | 残り福 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/8104063

この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会:

« オランダの空、神戸の空 | トップページ | 残り福 »