« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月22日 (日)

坂の上のティールーム

060122tea
ここ数年、気になっていたティールーム(ケーキ屋さんと言うべきかな)に出かけてみました。
「おいしい紅茶が飲める店」のリストを見ていて、「あれ、市内にこんな店が」と思ったのがきっかけ。でも足が向かなかったのは、その場所が長い坂の上だからです。

お店では、ちょうどお勧めされていた、「キルシュトルテ」と紅茶の「ハイランド・ニルギリ」をいただきました。
キルシュ・トルテはドイツ・シュバルツバルト地方のお菓子で、ココア入りのスポンジ生地に酸っぱいチェリーと生クリームをサンドしている・・・お店の説明によれば(笑)。さっぱりとしたケーキです。私はケーキについてはある程度以上は全て「おいしい」としか感知できないのですが(もちろん説明もできない)、絶妙なバランスで作られているように感じました。シャープにピントが合っている感じ・・・ってよく分からないですね。

ハイランド・ニルギリはというと、花のような香り。すみません、ケーキに気を取られて、よく香りを確かめませんでした。ニルギリ(青い山という意味だとか)というとインド南部・ニルギリ高原の紅茶で、くせがないというイメージです。しかし、思いのほか香りのよいお茶でした。

紅茶は、基本的なものを揃えておられます。どこかの紅茶メーカーで統一しているわけではなく、アッサム、ウバなど種類ごとに一番おいしいと思われるメーカーのものを選んでいるそうです。インドから輸入している物もあるのだとか。コーヒーも凝っていて、端々にこだわりを感じます。
060122noix
このお店の名前は「パティスリー・ノワ」河内長野市で末っ子の大規模住宅地の、それも一番奥、かなり高いところにあります。ここから先は山です。

060122noixkanbanノワの看板。お店のパティシエは、長年、堺(浅香山らしい)でお菓子屋さんをやっておられ、10年前にこちらに移ってこられたそうです。こんなところで、10年も・・・と思うだけでも、感慨深い思いがします。美加の台というのは大きな住宅地ですが、開発が遅かったために空き地が目立っているんです。

060122noix2

お店の中はこんな風に、木を使った暖かみのある内装です。ちょっとお話しただけですが、パティシエご夫婦のお人柄そのものじゃないのかなと思いました。反対側の窓からは山の緑が見えます。
060122case
何ごとにもこだわられる方のようですが、生ケーキにパウンドケーキ、クッキーに手作りチョコレートと、種類はとても豊富です。「これで大丈夫なのかな」と心配になるほど。「うちの娘がこちらのゆずゼリーが大好物で、誕生日だからいっぱい食べさせてあげたいんです」とうれしそうに話す若いお父さん、家族でお茶しに来ている国際結婚らしい常連さんなど、お客さんにも暖かな雰囲気があります。
そうそう、言い忘れましたが、さきほどのケーキは315円です。

060122choco
季節柄、チョコレートが取りそろえてあります。
「チョコレートは気が散るとできないから、夜に作るんです」というパティシエのご主人。お勧めは写真の左上にあるさくらんぼのチョコレートらしいです。数週間お酒に漬け込んで、しわしわに縮み、糖分のコートができたさくらんぼをチョコレートでくるむんだそうです。
さくらんぼが漬かる頃になったら、また訪ねようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

南千里を歩く

060121danchi
“千里”と言って、大阪以外の皆さんも分かるのでしょうか?
南千里は、日本で最初期のニュータウン、千里ニュータウンの一角です。
今回、私はこの千里を観察する町あるきに参加して、佐竹台の中を歩いてきました。
佐竹台の入居が始まったのは昭和37年のことだそうです。

千里ニュータウンのイメージ、私の場合は最初の写真のような集合住宅のイメージです。
しかし、今回集中的に歩いたのは戸建て住宅の地域でした。
(最初にお断りしますが、今回、写真が分かりにくいです。すみません)
060121satakedai
こちらが佐竹台の戸建て住宅地。
留学生会館あたりから見下ろした眺めです。
同行した人の話では建てられた頃は、平屋だったんじゃないかという話です。
今では建て替えが進んで、真新しい住宅が増えています。
一方で、空き屋や空き地、2階の雨戸を閉め切った家も。
この町、44歳の姿です。
060121magarikado
住宅地の中に入ってみると、とてもゆったりと計画されているのが分かります。
分かりにくいですが、曲がり角の部分がふくらんでいます。そして、奥には歩行者専用の通路。右奥の土地は昔から空き地のようでした。区画もゆったりしていて、標準的に300平米あるそうです。ですので、2階建てに建て替えれば、2,3台分の駐車場を確保できます。あまり路上駐車は見かけませんでした。
060121sakamichi
地図を見るとよく分かるのですが、この佐竹台の周囲は斜面の緑地帯で囲まれています。私のイメージでは千里=丘の上だったのに、ここでは丘の下がニュータウンです。丘の上と下をつなぐ通路が上の写真。通学路になってるようで、ちょうど小学生が自転車を押して降りていました。行儀がいいです。
060121keihou
計画的にグリーンベルトが配置されたころ、子供たちが危険にさらされる世の中になると予想してたでしょうか。この細い通路には3カ所も左のような緊急通報装置が設置されていました。
至る所に「ちかんに注意」「不審者に注意」などの看板がかかっています。

060121takenomukou
先ほどの坂を登り切ると向こうにはこのような光景が広がっています。
新たに造成された戸建ての住宅とマンション。空き地や空き屋のあるニュータウンの外では、丘を削り、田んぼを埋めて次々と家が建っています。

グリーンベルトの内外は逆転しつつあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

取りよせティータイム

060112murmure1
ケーキを取り寄せで買うなんてことは私の場合はないんですが、たまたま(経緯は長いので省略します)、ネット専門のケーキ屋さんで買ってみました。
ミュルミュルさんというお店です。
http://www2.odn.ne.jp/mur-mure/
※今ちょっと更新が止まっているみたい

注文するとこんな箱が来ます。(正確にはこの上に梱包材が巻いてある)
開けるのが楽しみ。

060112murmure2
箱を開けるとこんな感じ。
茶色の紙に包まれています。

060112murmure3
出てきたのはタルトタタン。(何なのかよく分からない?)
タルトの上に焼きリンゴが乗っているようなというか、アップルパイの皮のないのというか。
全体、ほとんどがリンゴです。紅玉。

タルトタタン。リズミカルな名前のこのお菓子は、フランスのタタン姉妹が、リンゴのタルト(アップルパイ?)を作るときにひっくり返してしまい、そのまま焼いたらおいしかった・・・という由来があるそうです。(ネットで調べたことを総合すると) それをミュルミュルの姉妹が焼かれるというのも似つかわしいこと。

アドバイス通り暖めると、甘酸っぱい香りが立ってきました。
リンゴの酸味が効いてます。ほとんどリンゴですから、リンゴの味が決め手になりますね。
産地の津軽は、この大雪で出荷が止まって大変だったようです。

060112tea
合わせるお茶は、すっきりしたのにしようかと、ダージリン・ファーストフラッシュ・Poobong茶園/Liyn-anさん(http://liyn-an.com/)にしました。実はこれも取り寄せで、福袋の一つです。この福袋についてはまた改めて。

出かけなくても、こういうことはできるんだなという、取り寄せティータイムでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

残り福

060111odenya

060111oden

今日は仕事帰り、お誘いを受けて、今宮戎の残り福に寄ってきました。
(「寄る」というのは、私には帰り道の途中だから)

でもお参りの前にまず腹ごしらえ。
お勧めのおでん屋さんを紹介していただけるとのことで、新今宮方面へ向かいました。

最初の写真がそのお店。専門店ではなくて、昔懐かしい食品店なんですよね。野菜とかミカンとか売ってる店先におでん。そこにおじさんたちが集まって、カップ酒片手におでんをつまんでるんです。テーブルはガラスケース。酒屋がおでんを置いたりするのは分かるんですが、食品店がなぜおでんを置き始めたのか不思議です。でもお客さんはみな当たり前のこととしてくつろいでます。(店内の写真は気が引けるので撮ってません)

案内してくれた方が関東煮って表現してましたけど、こってり甘く、おいしいおでんでした。だいたい1個80円。メニューの隅を見ると、ごはん(大)(小)と書いてあります。

腹ごしらえが終わるとお参りへ。
残り福の今日は人が少なめですが、さすが商売人のお祭り。
近所のお店も張り切って屋台を出したり、限定商品を出したり。

060111imamiyayebisu
神社の中を南から北へ抜けました。
ゆっくりカメラを構えているわけにもいかないので、ぱっと1枚。ちなみに私は商売していないので、笹はなしです。

この今宮戎神社、普通の日に訪れると妙にすっきりしています。十日戎のためにレイアウトされているのでしょうね。
060111kebab
屋台の写真はうっかりして、撮っていません。
とにかく神社の四方八方、屋台でいっぱい。屋台も商売の神様にあやかろうと店を出されるのでしょうか。屋台の定番のフランクフルトやたこ焼き、リンゴ飴から、北海道、東北、沖縄の産物、エスニック系では韓国、中国、タイ、トルコの料理などなど。銀杏細工なんていう伝統っぽいのもありました。果てはペット用品の屋台から墓地(!)まで売られているという何でもありぶり。

写真はぶれてますが、トルコ料理のドネル・ケバブです。どうもどこか取り仕切っているところがあるみたいで、同じ形式、同じ値段で何店も出てました。これ1個食べると結構おなかがふくれます。
・・・といいつつ、回転焼きなども食べてましたが。

繰り返しになりますが、屋台を出されている方も、どこかあやかり気分で活気があっていいです。
屋台を見ながら、なんばまで抜けました。そこまで来るとやっと寒さを思い出します。

その後は道頓堀の遊歩道から法善寺横町まで案内していただいたんですが、それは省略。
法善寺の水掛地蔵さんは静かで今宮戎とは対照的でした。

060109naganoyebisu

こちらは先日寄った、河内長野の長野戎。宵戎。
屋台の屋根に肩をぶつけそうなこじんまりした空間で、境内の柔らかい砂の感触とともに、今宮戎とは違った心地よさがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

同窓会

060109dousoukai
※写真は内容と関係がありません

ひさしぶりに開かれた、高校のクラス会に参加しました。
10年ぶりともなると、会うのが恥ずかしい気分がかなりありました。
でも参加したのは、これも何かの縁なのかもしれないから。

というのは、昨年末に偶然仕事で同級生とつながり、初めて同窓会を知ったんです。
ちゃんとした連絡は留守電に入ったらしいんですが、何かの手違いで知らないまま。
運がいいのか、悪いのか。

参加者20人弱というと多い方?
やはりこの時勢、4分の1ほどは東京あたりに住み、あとはぱらぱら、北海道から九州まで。
それでも他地方の高校に比べたら地元定着率は高いんでしょうね。

男は変わらないものですね。数人ふっくらしているだけで。

女性は2人のお母さんが多くて、その分、違います。

高校時代は私には相当に思い出深く、存分に(というとオーバーかな。私はその頃からあまり変わってないので)高校生活を満喫しました。あまり受験に害されず。
このクラスは4月に始まって3月に解散しているわけで、夏休み、冬休み、試験休み、受験で授業は早く終わって、日数にしたらすごく少ないはずなのになんと濃かったことか。
そして、その後は18年か・・・と考えてしまいます。

先生が参加されてたんですが、私たちは初めて卒業させた生徒なんだそうです。
いろいろ考えて、卒業式を準備されたこと、初めて伺いました。

同窓会の終わった後・・・
思いがけず、わーっと心から湧いてくるものがありました。
思い出の形にならないかたまりが。高校のときに使ったきりではないかとも思われる、心の深い底から。

一つ手前の駅で降り、こじんまりした宵戎をひとまわりしてから、家路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

オランダの空、神戸の空

060108kobe

兵庫県立美術館で開催中(15日(日)まで)の『アムステルダム国立美術館展』を観てきました。
最近の展覧会は、その充実ぶりに感心します。とくに国立やこの兵庫県立美術館。この場合は世界巡回展なので、アムステルダム国立美術館の企画なのかもしれませんが。

市民を相手にする画家の誕生や都市の活気、海外貿易などが部屋ごとのテーマで、ただ絵を見せてくれるだけでなくて、16世紀のオランダ社会がイメージできます。ほとんどの絵に説明がありますし、絵の中に登場する工芸品はこれです、と実物も見せてくれたり。

ちょうど、司馬遼太郎の『街道をゆく(35) オランダ紀行』を読んでいたので、良いタイミング。
タイミングが良いといえば、上の写真、これは美術館に入る前に、表(裏?)で撮った写真なんですけど、神戸の冬の雲は、絵の中に広がるオランダの雲とも似ているような気がします。
JR快速から眺める空はもっと絵のようだったんですよ。
この季節で良かった、と思います。

作品は落ち着いて見られるものがほとんどでした。
面白かったのは集団肖像画がなにやら記念撮影に見えたこと。
とくにパン屋さんの絵があるんですが、絵のできはともかく、並べられたパンを前に、中央に誇らしげでちょっと照れたような主人、そして両隣に奥さんと子供。「俺が絵になっていいの?」という昂揚した気分が出てるようで(勝手な推測ですが)、微笑ましく思いました。

あと、絵の中に登場するデルフト焼きのタイルが実物展示されています。1片に一つずつ、子供の遊びが青い絵付けで描かれたもので、なわとび、たこ揚げ、魚釣りなどなど、見ていくととても楽しいものでした。この遊びはこの頃からあったんだなと。

展覧会の目玉、フェルメールの「恋文」(という名前の作品)は、最後にありました。
ここだけ少し行列ができています。(それ以外はゆっくり見れました)
隅々まで雑さがなく、行き渡っているなという印象。落ち着いて見られます。

ボリュームがあり、解説を読みながらだと結構な時間。
かなり満腹感のある展示でした。
そうそう、付属のレストランでは、展示にちなんで、オランダ料理を出していました。 こんなところも行き届いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

通勤旅行2006 冬(帰り)

060106RIMG0038

実は、この日は帰り道も写真を撮ってました。
私の使っているカメラは鳥目で夜に弱く、ISO800まで上げられるんですが、するとざらざらになるというもの。
普通に撮ってもドキュメンタリー・タッチになります。
見苦しいですが、ご容赦を・・・

さて、帰り道の最初の写真は、大林組本社前。遠いので分かりにくいかもしれませんが、大きなオブジェに向かいの料理学校屋上からの3色ライトが当てられていて、表は白いのに、影がカラフルという不思議なものがあります。大林組の演出でしょうか。
タクシーが並んでいるのもいつもの光景です。

続きを読む "通勤旅行2006 冬(帰り)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通勤旅行2006 冬

060106

前から試したかったことをやってみます。
写真を撮りながら通勤する。
通勤途中の風景は何度も何度も見ているわけですが、
他の人にはどう見えるのか、
他の人はどんな景色を見ているのか、
長いですが、ちょっとお付き合いください。

最初の写真は家からの眺め。この自転車で駅まで通っています。

続きを読む "通勤旅行2006 冬"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中国語の添え書き

060105nenga

今年も中国語の添え書きのある年賀状が届きました。
関東に住む中国人の知人からです。

彼女との縁は長くて、こんなやりとりをするとは、初めて会ったときは想像できませんでした。初めて彼女に会ったのは1991年の9月ですから、15年前に遡ります。初めての中国、初めての海外、初めての一人暮らし、初めての飛行機(それはいいか(笑))・・・半年間の語学留学のために、初めてづくしで飛び降りるような気持ちで降り立った上海でした。

空港を一歩出るとわっと人が寄ってきます。タクシーの運転手です。今ではタクシー乗り場に行けば普通に乗れますが、このときはそういうわけにいかず(よく分からなかったというのもありますが)、とことんふっかけられました。私は初めてです。相場ぐらいは調べてあります。私もとことん交渉しました。(中国語を話してる〜!)と興奮を覚えながら。

そのとき間に入ってくれたおじいさんがいました。戦前に日本の大学を出ているという方です。しかし、それでもラチはあかず、結局、おじいさんが、「うちに泊まりなさい」ということになって、今から思うと失礼なのですが、(このまま、どこか恐いところに連れて行かれたらどうしよう)と思いながら、おじいさんの家に着いたのでした。

このおじいさんの家に住み込みで家政婦をしていたのが、冒頭の彼女です。家政婦一般がそうであるように、彼女は上海出身ではなく、ずっと内陸の出身です。この家には一泊させてもらい、翌日は彼女に上海駅まで送ってもらいました。私はそこから200km離れた留学先の杭州へ。

その後も、半年の留学期間中には、何度か上海へ買い出しや遊びに行き、このお家にも顔を出しました。
彼女にもお世話になりました。

月日が過ぎー
借家だったおじいさんはこの家を出て連絡がとれなくなりましたが、彼女からは広州の土産物屋で働いていると手紙が来ました。そのときも何度か手紙のやりとりがありました。

またしばらくしてー
今度は日本に来るという話を聞きました。歓迎するというより不安を覚えましたが、決めてしまったとのことでどうしようもありません。ほどなく中部地方の某県へ。日本での生活がうまくいくよう多少情報提供はしました。

いろいろ苦労されたのち、関東へ移り、やがて仕事先で出会いがあり、日本人と結婚されました。数年前にお家に遊びに行き、近くを案内してもらいましたが、夫になられた方は理解のある方のようで、落ち着いて幸せに暮らされているようでした。今は子供も一人おられます。

結婚されているので、そうやりとりはしないのですが、年賀状やたまにハガキをいただきます。もう日本に来てかなり長くなるのに、いまだに添え書きが中国語なのが気にかかります。あるいは私には中国語で書くことが気分に合うだけなのでしょうか。
こうしてハガキをもらうたび、冒頭の情景が思い出されます。

いずれ機会があれば、初めての上海での話はまとめておきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

皆さま、あけましておめでとうございます。

よいお天気の元日でしたね。
皆さんはどのように過ごされましたでしょうか。

このブログは開設1年を迎えました。
(書き始めたのは9月から)
まだまだ未熟なブログですが、時々見に来ていただけて、たまに書き込んでいただけるとありがたく思います。
また1年、マイペースで続けられて、ちょっとずつ内容を良くできればと思っています。
そして緩やかなコミュニティができはじめれば。
今年もよろしくお願いいたします。

060101niutsuhime
さて、今年の初詣は家族と和歌山県かつらぎ町の丹生都比売(にうつひめ)神社に出かけました。
高野山に向かう参道の踊り場のような、天野の里という所にあって、紀ノ川の平野からはかなり登ったところにあるんですが、穏やかに開けていて、高さを感じさせません。

丹生というのは水銀をあらわし、神社の朱にも関係します。紀ノ川沿いは断層地帯で水銀を産することから、採掘技術を持つ渡来人の一族が採掘をしながらここに至ったとか、全国の丹生神社の本社にあたるとか、高野山に土地を譲ってその守り神になったとか、エピソードに事欠きません。

天野の里は、高野山にもっとも近い下界、といった様子で、とくに女人禁制の高野山に登れなかった女性が、出家した男を追って住み込んだなど、史実、伝説取り混ぜて史跡の多いところです。
普段は静かなところですので、のんびり初詣できるかと思ったところ、思いのほか人出が多く、参道には行列が出来ていました。
前に来たときに比べて、特産品販売所が出来たり、屋台が出たり、賑やかになっている気がします。

最後の写真は太鼓橋。住吉大社のような立派な太鼓橋がかかっています。
池を見ると氷が張っていて、これを見ると、やはり寒い所なんだということが分かります。
060101taikobashi


| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »